中国嵩山少林寺方丈釈永信の養生方法

少林寺の方丈は全世界的にも多忙な方で、この20年間毎日会議、謁見している人は最低でも200人を超えています。

肩書は中国人民大会の人民代表、中国佛教協会の副会長、河南省佛教協会会長、世界200ヶ国の少林寺愛好者の代表を兼ねています。
世界各国の元首も少林寺の方丈との謁見を求めています。
ロシアの元プーチン大統領も少林寺に訪問ししています。

このように忙しい人は通常なら体がもたないでしょう。
特に心臓発作、脳梗塞発作、癌発作などが発生するでしょう。
日本の故田中角栄首相もしかりで、その後5〜6年脳梗塞、故小渕首相も3〜4年で脳内出血となりました。日本の天皇も忙しいけれども内容が違います。
しかし、皆独自の養生方法を持たないと、このような役職の人間は数年間でこけてしまうのです。

少林寺方丈の養生方法を紹介しましょう

第一 規律正しい生活 夜9〜10時には就寝、朝7時起床
第二 素食(野菜食)、1飯1菜1汁の原則遵守
第三 必ず 快眠快便快食
第四 昼は1時間休息。夜9時以降は来客と会わない
第五 毎日朝 軽く少林寺の暖身活動拳八段錦
    毎日夜 易経筋、洗髄筋の運動 各30分前後
第六 常によく歩く
第七 常に少林医術を受ける
    1.鍼灸治療週1回、マッサージ週1〜2回
    2.針吸血除去術月1回
    3.三通茶を常時飲む。
fig_140.png

 

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム