本態性高血圧のメカニズムと治療法

人間は年を重ねて生きていくうちに、体型が変わる、脳が鈍くなる、
老眼になる、耳が遠くなる、手足が太る、歯が脱落する、性欲がなくなる、
美味しいものが食べれなくなる、子供が大きくなり自分は老化する、
体内の内臓群が肥る、血管が詰まる、脂肪がつく、顔の輪郭も変わっていく、
頭がぼけていく、皮膚がしわしわになる、心臓の元気がなくなる、言葉も遅くなる、動作が鈍くなる、、相対的に心臓のポンプが古くなります。
血流を押し出すには力がいります。そして、血圧が相対的に高くなるのです。
これが本態性高血圧の理由です。

これらの老化現象はすべて汚血が貯まってきたからです。
だから上記のような症状がでてくるのです。


           治療法
体内、体表の汚血をきれいに取り除くことです。

まさに若返りの人生になります。
これらの汚血を取り除けば、手足は細くなり、動作もすばやくなる、頭もすっきり、反応もすばやくなる、老眼も調整してくる、難聴もなくなる、体が軽くなる、体型も青年に戻る、食欲もでてくる、走りも早くなる、顔の輪郭もすっきり、相対的に内臓脂肪も減る、言うまでもなく血圧も下がります。
 

 fig_126.png

 

▲TOPへ

→お問い合わせはこちらをクリック!

アトピー性皮膚炎は不治の病ではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞、脳内出血の予防

脳梗塞、脳内出血は50歳以降の人類の致命傷といっても過言ではありません。
人類の肉体は97年は使えるでしょう、、。
私が言っているこの意味は、癌もなく、脳梗塞もなく、脳内出血もしない、
ぼけにもならない、心臓発作もしない、足腰がまだ自由に動くということです。
この中でも特に脳梗塞、脳内出血の予防に重点を置いたほうがよいでしょう。fig_125.png


         脳梗塞と脳内出血の予防

体内、体表の汚血を取り除くことです。
月に1回程度でよいです。

 

▲TOPへ

→お問い合わせはこちらをクリック!

アトピー性皮膚炎は不治の病ではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞、心筋梗塞、癌について

人間にとって致死的な病気といえば、脳梗塞、心筋梗塞、癌の三つしかありません。

決して、SARS, 新型インフルエンザではないのです。

人間の致死的なメカニズムは、出血多量、心臓停止、脳への酸素供給不可能などです。

この三つの病気は火災と同じです。一旦発生したらもう間に合いません。どうにもなりません。脳梗塞の9割は血圧の高い人の終点です。
心筋梗塞は、肩甲骨の周りに多量な脂肪蛋白が溜まり過ぎている人の終点です。癌は欲張り、自分の能力を超えて作業をしている人の終点です。
この三つの病気は未然に予防するのが一番です。それ以外に方法はありません。
薬品を常用しても終点はきます。

その予防で一番良く確実な方法は、体内淤血をとる方法です。
5000年の歴史がある中国医学でも、その最後の目的は淤血を取ることです。
何千何万の薬草を駆使して、その最終目的の淤血を溶かす、淤血をなくすかです。

それで生まれた方法が気功、マッサージ、鍼灸、漢方薬です。
現代医学の化学薬品も同じように、最終的には血管拡張、ホルモン作用、免疫抑制作用を駆使して淤血をかくすのです。

どちらにしても、Dr.TSAIが何千年の経験を習得し、新しい方法を見つけ、
Dr.SAISENの汚血除去術を達成したのです。
すでに臨床15年です。すでに皮膚病は克服しました。そして上記の三大致命傷の病気も克服するのです。

 

 

▲TOPへ

→お問い合わせはこちらをクリック!

アトピー性皮膚炎は不治の病ではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム