八仙宝に遭遇することは、あなたの幸せです

  中国5000年の医薬史上、すでに何十万の生薬が発見され、患者の病を解決する目的で作られました。八仙宝の中身は、もちろん中国5000年の医薬史上に記載している。その中で一番記載があるものは、一位が熊の胆です。二位が麝香。よく医薬史に記載されている。もちろん鹿の茸も三位です。四位は犀の角です。五位は亀の甲羅。六位は虎の骨です。七位は伽羅油です。八位は牛黄です。その他貴重なものがいっぱいありますが、冬虫夏草、海馬、フカヒレ、燕の巣、蛇胆、伊勢海老、鮑、ありとあらゆる珍重なものすべて歴史に記載されている。秦の始皇帝は、その中で不老不死の薬があれば、欲しかったのだが、残念ながら、このように調和、配合できる医師がいなかった。仕方なく、水銀の錬丹術とヒ素の錬丹術に走る。結局でたらめに作るので、すべて者は秦の始皇帝に殺された。その後2500年の歴史の中で、そんな不老長寿の薬を求める王様がいなくなった。そのまま過ぎ今日まで、八仙宝の秘薬があるのに作る人はいない。患者に調合して臨床をやる医師もいない。   
  歴史上の記録では、この八仙宝の名前は出てきます。しかし作る人がいない。一体、八仙宝は効き目があるかないか。臨床でやる人もいない。ただの単品で、熊の胆0.5gだけを毎日か、たまに飲むしかない。牛黄も効果だから、現代の金持ちで大金を使い、1回に0.3gなめて飲む人がいる。麝香も高いから、たまに0.3gで週1回飲む人もいる。これは医者としての調和はない。せっかく高価で効果があるものなのに、悔しいことに作れる人がいない。これでは人類の癌という病気を、いつまでも治すことができない。地球の人間は皆、わけがわからないまま、この世を去っていく。実はこの八仙宝を調合して臨床もやっている医者がいる。この方は異質な医師だから、2016年9月でこの八仙宝を作り、しかも自分が死に身寸前になっていたので、これを毎日0.8gだけ飲み続けた。この先生の死に身が、3週間の臨床で、自分の息切れ、呼吸困難が取れました。その後、4週間目で、もう気力が出て、1km歩けるようになった。人と喋るとき、声も出て大きな声で叫べるようになった。 
台湾にも3日間行きまして、また続けて飲んで、もっと気力、歩く力が出て、息切れもなくなり、呼吸困難もなくなり、現在2016年12月31日には、この八仙宝を4ヶ月20日間臨床しました。その結論とは
   これを求めて、王様が求めない物の水銀錬丹術とヒ素錬丹術の医師を殺して以来、2500年の医薬歴史に、もうこの八仙宝を調合して作る医師がいない。これを飲める王様もいなくなり、これは中国医薬5000年史上最大の損失です。幸い、蔡先生がこれをあえて作りました。しかも臨床上自分自身でも4ヶ月飲みました。この貴重な結論は、八仙宝は人間内臓の五臓六腑の細胞に付着している異物、異性蛋白、異性因子、癌因子、発炎因子、痛み因子、癌を形成している蛋白と脂肪を溶かし、はきだす力がある。ゆえにこれを3ヶ月飲めば、体内五臓六腑の悪因子すべて溶かしてはき出し、癌患者と60歳以降の患者の体を若返りし、20-30代の五臓六腑になってしまう。現代医療は未だに病気の原因わからない時代、病気を治す力もない時代。
  この八仙宝が人間のすべての病気、生活習慣病から癌まで克服できそうになった。これは秦の始皇帝以来、はじめて再現できた八仙宝です。秦の始皇帝の薬でも不老不死を克服することができることが容易ではなかった。現在21世紀で病を克服する力がない時代に、この八仙宝は奇跡的に作られ、癌患者と60歳以降の人間の病への福音と幸せの兆しです。

 

八仙宝 http://www.tsaiclinic.co.jp/article/14645609.html

地球上に残存している八仙宝

 地球上に残存している八仙宝は確かに人間の五臓六腑にくっついている悪因子、癌因子をはきだして、ゆえに人間の五臓六腑に癌がくっつかないままで、年をとっても、癌にならない唯一の生薬です。
 地球上に残存している中国5000年医薬史上にあるものは虎の骨、伽羅油、熊の胆、牛黄、麝香、鹿の茸、犀の角、亀の甲羅。この八仙宝以外には地球上ある良いものは冬虫夏草、千年人参、朝鮮人参、フカヒレ、燕の巣、アワビ、それ以外はこれというものがないはず。でもその地球上の良いものは八仙宝以外、人間に対しての効果、そんなに明白ではないため、八仙宝以外のものはすべて二流、三流、四流、五流のものです。私が言っている二流、三流、四流、五流のものはすべて飲んでも飲まなくても効果がわからない。どこに効果がよいかはいくら飲んでも効果がわからないのは二流〜五流です。超一流貴重なものは八仙宝だけ。二、三週間で効果表れます。長く飲むと五臓六腑の癌因子、悪因子をはきだす効果があるので、これは今地球に残存する癌予防、治療の唯一のものです。信じる人は老後安泰、信じない人は老後危ない。それだけ、あなた一生懸命働いて何のため、やっぱし自分のためでしょう。

蔡先生の健康グッズ 八仙宝

http://www.tsaiclinic.co.jp/article/14645609.html

化学薬品の副作用と効果

世の中にはたくさんの薬がありますが、残存している薬は2種類でしょう。

  • 化学薬品
  • 漢方薬草薬品


この二種類で人間の病気に一番役立つものは、、

  1. 発熱、解熱の作用 (漢方、化学とも可)
  2. 便秘を解消する作用(漢方、化学とも可)
  3. 胃腸消化作用   (漢方、化学とも可)
  4. 滋養強壮作用   (漢方、化学薬品ともあり)
     

その他の薬の処方も何千種類もあるのですが、上記の4大作用以外はすべて
期待するほどの効果が非常に薄いです。
要するに飲んでも飲まなくても同様の効果です。

しかし、99%の人は病気になったら薬品を求めます。その薬に対しての
期待感も大きいのです。どうしても凡人はまだ薬が欲しいのでしょう。

もしも薬を求める必要があるなら、私は漢方薬がよいと思います。
化学薬品は効かないだけでなく副作用が大きくくるのです。
fig_129.png

 

漢方薬治療

fig_015.png漢方薬治療はまさに中国民族5000年の歴史の中で生まれた治療法です。
90%が薬草の組み合わせ、10%が動物の骨、角、睾丸などの組み合わせです。
全部自然界にあるもので、その調合、処方により漢方薬治療が始まるのです。 
   
  薬草治療の根本的なキーポイント  

  1. 植物消化酵素の力
  2. 強壮滋養の力
  3. 利尿効果、解熱効果
  4. 排泄効果(下痢)
  5. 甘草、人参の血管拡張効果
  6. 血消去効果
  7. 当帰、川の循環血流効果
  8. 生姜、大棗のステロイド効果

漢方薬は主に8つの薬理効果によって、各種何千何百の処方が生まれるのです。
中国人はその処方に頼って現在にいたるのです。

DrTSAIはそれらをまとめて整理すると、15種類の薬草を用意すれば
身体の症状を解消することができます。
漢方薬治療はその薬理効果によって、長い目で見れば何とか身体に良いかもしれません。しかも副作用がありません。
中でも即効性を求めるなら、解熱作用が期待できます。下剤も即効性。
それ以外で即効性を求めるなら、針灸治療と針吸治療しかないです。

漢方薬

漢方薬は中華民族先祖の智慧の集大成です。

それ何千何万種類の薬草を分量、調合、配合して何千何万の病気を治すには、これは大変な智慧です。

今の現代医師、教授たちが、それを100分の1でも及ばないことです。これまさに自然との調合によって生まれたものです。

現在には漢方薬は主に穎粒エキス剤を主体として、しかも日本厚生省の規定で1回分量は2.5〜3gですが、それは効き目0に近いです。
その分量の3倍に1回分として飲むか、エキスを長期的に水薬を作る方が効果に即効性があります。
何種類もの漢方薬を配合して作るのは、これはまさに2000年〜3000年の年月を経て臨床経験に産まれたものです。
99.9%の病気に効果があると考えて良いです。

これで私が薦めるには細胞活性作用と細胞のクズを溶かす処方Aと、新型インフルエンザ、風邪の漢方解熱剤を推奨します。
即効性ありしかも副作用なし

それはまさに中華民族の先祖の智慧です。

効果あり、しかも副作用無し!

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム