新しい医療概念と医療方法

fig_001.gif新しい医療概念と医療方法を紹介します。
どうして、現代社会には病人が多すぎる?
どうして、現代人の病気はなかなか治りにくくなる?
どうして、現代医療に問題が多すぎる?

  1. 現代人が欲のかたまりで眼前の現金の追求ばかり。身の保養を忘れてしまう。
  2. 現代医療の医師病院は、患者を治療する方向性を間違ったところにはしりすぎる。
    検査、点滴、化学薬品は病院と医師に対しては有利で、本質的には患者に対して有利ではないだから最終的に損をするのは患者自分自身です。
  3. 現代の医師が患者を診るのは間違っているので現代の医師が検査なしでは患者を診れません。
    点滴、注射、手術以外では患者を治療できません。検査だけでは、患者に対しての治療ではなく手術のために投薬のためだけです。 点滴、注射、手術では病気を治療するのはできません。
  4. 病気を治療するには、1に休養、2にマッサージ、3に鍼灸、4に針吸です。
    その場で回復してもらうと副作用なしでは上の方法しかありません。
    でも現代の医師がそれを忘れています。
    現代医学の教育ですべて検査で決める。それから検査の結果によって薬を決める。
    それなりに手術に移行する。
    それは、現代の医師はただ高い給料をもらってむずかしい患者を作るだけ。
    6ヶ月以内で死ぬか、一生苦しく生活するか、それは現代医学の欠点です。
  5. 発熱があるから点滴を入れて、汗もかかないで平熱になってしまう。それ以外は下熱鎮痛剤を投与するだけ。

    根本的に発熱の本質はどこにあるかわかっていません。体の発熱のメカニズムは体内にたまっている汚血とお血があるからです。 その汚血がくさっている湖と同じように体もくさってています。そのくさっているもの(因子)が体内で上温するから熱になってしまうのです。

    現代医学の下熱は強力な下熱剤か抗生物質を点滴に入れて、そのまま下熱してしまう。正常なメカニズムに反しているので、その体がぜんぜん改善してないまま熱が下がりました。昔の解熱のメカニズムは生姜、大棗、桂皮、麻黄をまぜて患者にのませて、体の芯から上温して体が汗をかいて出してもらえば熱が自然に下がる。その汗がいわゆる毒素ウィルスです。それは正確かつ正常なメカニズムです。

    たとえばむりやり熱いお風呂に入れて、その場で汗をかかせれば熱がさがります。それでも熱を下げる一つの方法です。むりやりに1q走れば汗をびっしょりに出れば熱が下がります。現代医学みたいに汗なしで熱を下げるのは、一時的な現象で2ヶ月以内にまた同じように発熱します。要するに体内毒素を出していないためです。
    Dr.Tsaiがその体毒を出すために針吸方法で体内毒素を取り出して、それから生姜、大棗、桂皮、人参をのませれば、すばやく30分以内で下熱します。それは正常かつ正確な発熱・下熱のメカニズムです。
    だけど現代医師何百万人が知らないか忘れている。この簡単なメカニズムさえ知らない現代医師が、きちんとすべての病気の治療をするには正しく出来ません。最終的には患者が増える一方。最終的には患者が入院、手術、検査の謎に入るだけで、そのトンネルを抜け出すことができません。

    だから患者がかわいそう。医師がうんざり。最終的には医師もおもしろくない。患者が良くて治れないか、患者は苦しい一方、早死にか、苦しみかに入る。
    ゆえにこのホームページでは簡単にいろいろな病気を解説します。化学薬品も要りません。検査も手術も必要ありません。

漢方薬も五種類だけ。あとはすべて要りません。
使用する方法は

  • 1に休養
  • 2にマッサージ
  • 3に鍼灸
  • 4に針吸
  • 5の養生には運動か太極拳か気功

上の五つに使用する方法では、

  1. 副作用なし
  2. 確実に治る
  3. 確実に健康に向かいます
  4. 人生が楽しくなる
  5. 長生きで、健康に生きる。それは本当の人生の歩み方です
  6.  

    ▲TOPへ

    →お問い合わせはこちらをクリック!

    アトピー性皮膚炎は不治の病ではない

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム