謹賀新年(メルマガ2012-01-05版)

 新年あけましておめでとうございます。皆様方にも蔡クリニックにも、

今年も良い年でありますように、心よりお祈り申し上げます。


 昨年は東日本大震災に見舞われ、多くの方が命を失いました。お亡くなり

になった方々のご冥福を心からお祈り致します。


 今年も、患者様に満足して頂き、ホームページのリニューアル、機械改良

など色々な仕事に取り組んでまいります。世界の皮膚病全般、難病、成人病

を治療する基地として、アトピー性皮膚炎、乾癬を完治していこうと努力し

てまいりますので、是非、皆様方のご支援・ご指導をよろしくお願いいたします。

 
                                                            DrTSAI〜

医師の品格(メルマガ2012-01-13版)

  医師は患者の疾病、悩みを解決する仕事です。

  もちろん医師が一人前になるには、卒業して20年間の経験ないと無理だと思います。

現在の医師は患者を診て、すぐに検査にまわし、それから検査結果による数字で薬を

処方するのが全世界共通、皆が同じようなやり方をしています。それは患者を大事して

いるように見えますが、実はそれは患者を粗末にすることに繋がっていくのです。

検査の数字によって、化学薬品を処方することは非人間的な扱いです。化学薬品投与は、

しばらくすると病気に対して効き目がないのです。これらの所作は一連の誤りです。

よく医師は、「あなたの生命が危ないから即入院しなさい」「あなたを即検査して、

手術をします」と言います。それはすべて患者を脅かす言葉です。人間は、急に脳と心臓と

血管やられる以外、命が危ないということはないのです。癌にしても変な取り扱いしない限り

命は安全です。うまく調整すれば、癌があっても10年以上は生きるのです。


  現代の医師は患者を治療する力が乏しいというしかありません。患者を診ることはできても

治療の方法がありません。しかも化学薬品を何十回もチェンジするだけで、治療する自信さえ

ありません。或いは、無知で患者にはっきりと対処できません。それらはすべて医師の品格に

損しているのです。


  Dr.TSAIは、診察して、はっきりと患者に治療効果を何回で成功すると言えます。

絶対ごまかしはしません。それが医師の最高の品格です。


 
                                                            DrTSAI〜

 

 

頭痛、腰痛、背痛は生活の中に99.99%発生する(メルマガ2012-01-19版)

  以上の三種類の病態は日本では8000万人がいます。大企業の社長から

小さい会社の経営者まで、どんな人でも99.99%は以上の三種類の症状が

あります。

 頭痛、腰痛、背痛は天皇から庶民までこの三種類の二種くらいがあるでしょう。

この三種類の病状は病院では治りません。病院ではいろんな検査を

受けて、最後鎮痛剤をもらうだけ。鎮痛剤は一定期間が経つと効かなくなるので、

また病院で薬をもらったり、手術をしたりしなければなりません。

この一連の措置はあなたの身体、時間、お金を浪費してしまいます。


 Dr.TSAIは既に西医式鍼灸と針吸で以上の病態を克服しました。Dr.TSAIが

3〜5回で99.99%を解決すると保証します。副作用が全くありません。


 
                                                            DrTSAI〜

腰痛背痛と疲労は99%の人が発生する初期症状である(メルマガ2012-02-01版)

  人間が生まれてから成長したり、挑戦したりする。50歳前には腰痛背痛、

発熱、鼻水、下痢等、その以外の大きな病気を患うことはないであろう。

これらの症状は日常生活において誰でもある症状である。

この症状があったら、10時間以上よく休憩すれば、自然に治るはずだ。

しかし、無知な医師は自分が処方した薬で治ったと思っている。

これは錯覚である。よく休憩すれば、この不具合が治るはずなのに、

沢山の人は慌てて病院に行く。家で休むことは一番の対策だと思う。

実は体内の汚血が不具合の主因である。

  これらの不具合に気をつけなければ、50歳以降になると大きな病気にかかる

可能性がある。例えば、癌、心臓病、脳梗塞、皮膚病等。

  だから、健康は日々の努力である。努力すれば、90歳になっても杖も要らず、

介護も要らず、自由に生活ができる。Dr.TSAIも日々努力している。


「鍼灸と針吸」は健康の宝であり、栄養食品、健康食品ではない。

 

 
                                                            DrTSAI〜

人間がなぜ突然死になる(メルマガ2012-02-15版)

 50歳以降、誰でも体調が悪くなるでしょう。本人も、もし自分の体のこと

を感知しなかったら、突然死の元になることは多いのです。

 人間が生きているうちには生活のため、仕事のため、遊びのため、何を

やっても必ず体に故障が発生します。例えば、頭痛、肩こり、背痛、胸痛、

咳込み、眩暈、腰痛、痒み、坐骨神経痛、ヘルニア、花粉症、鼻づまり、

関節炎、下痢、便秘、微熱、発熱、頻尿、尿が出にくくなります。

 これらの症状は誰でもあるが、本人がこれらの症状を先に感知しなかったら、

そのまま行くとこの人が突然死になる可能性は99%です。だから、突然死の

主因が心臓麻痺、脳幹出血、この二つなら、一発で死に至ります。その他の

病気が時間をかけて長い年月を育ててくるのです。急死することはありません。

胸痛、背部痛、肩こりの人は直接心臓と脳に近いため、これらの人間は

突然死になりやすいです。だから、胸痛、背部痛、肩こりに注意しましょう。 


 
                                                            DrTSAI〜

 

若い女性の冷え性と生理痛(メルマガ2012-02-22版)

  人間が成長して25歳まではほとんど健やかに伸びてくると思いますが、どうかとして30歳~50歳なると、10人中に8人は手足が冷たい。いわゆる冷え性ということ。これは現代の人間に食生活には問題があります。いわゆる牛骨、豚骨、鳥ガラ骨とクリーム、バターを食べすぎ、肉、魚ばかり食べている人が何年の間に食べすぎるといろんな病気が出てくる。その中に一番よく見えるのは冷え性。

 

   この冷え性は四肢に冷たい。それから心臓が動悸する。この現象は脊髄まわりに黒い汚血が溜まり過ぎて、脊髄両脇の神経節が汚血につまってくる。神経の調整が効かなくなり、四肢血流がうまく流れない。毛細血管に多数の汚血に包まれ、これは冷え性と生理痛の始まりです。

 

   Dr.TSAIすでにこれらの治療法を確立しまして、若い人の冷え性と生理痛にぜひDr.TSAIに相談してください。

DrTSAI〜

肩こり、頭痛、腰痛、背部痛の即治療法(メルマガ2012-03-01版)

  上の四つ疼痛は一般の病院だと鎮痛剤、消炎鎮痛剤を出しているが、

それはすべて効き目がない。上の四つの疼痛を解決するには現在すぐ

仕事を休んで、休憩をとって、雑念を忘れて、2週間ほど取れるでしょう。

もしも休憩をしても取れなかったら、それは


Dr.TSAIの

    「現代解剖医学鍼灸治療」

              +
 
   「体内汚血血栓毒素除去術」


Double療法で3〜5回で99%完治する。

これを絶対の信用でDr.TSAIがすすめる。


 
                                                            DrTSAI〜

 

アトピー性皮膚炎(メルマガ2012-03-09版)

(一)乾燥肌になってしまう原因

  アトピー性皮膚炎の患者は必ず乾燥肌になってしまうが、乾燥肌になった人は必ずしもアトピー性皮膚炎とはならない。だから乾燥肌の人の運命は三つあります。

  @化学薬品を使いすぎて、アトピー性皮膚炎になってしまう。

  A生活習慣を変えて食事習慣も変えて自然に治ります。

  B食事習慣が変えないため、たまに注意する。たまにlooseになる。

  その人の乾燥肌が繰り返す発生します。ときに重症なる。ときに軽症なる。だから何と言っても乾燥肌の最大犯人は化学薬品、乳液、ワセリン、保湿剤、馬油、オリーブ油、Hand creamなど。次は食事を変える。魚と肉取り過ぎてはならない。魚を少々取って、馬、豚、牛、羊、内臓とも極力減らす。

 

(二)体質遺伝と言われている常識とは異なる原因

  赤ちゃんが生まれたら、早くても二週間経つとお尻、陰部に赤くなる。ときに痒みがある程度ですが、これは完璧に遺伝からもらったものでは間違いありません。このときに対処方法によってアトピーになるか自然に治るか分れ道になるのです。

  対処方法

@もしも直接病院に行って、医者に診てもらったら、さっそく医者はすぐに軟膏、保湿剤を出すと一時的によくなるように見えるけど、何回何回も医者に診てやり続けると、この赤ちゃんがもうアトピーの迷路に入ると

思います。

  一般の医師はいつも言うようにこの子は大きくなったら、自然に治るから。自然に治る原則はこの病院を拒絶して、別な処方方法なら自然に治癒なる。もしもいろんな病院に通うともうアトピー迷路に入る間違いありません。

A別な対処方法

  A.生まれて2w間の赤ちゃんに発赤、痒みがあった時にこれは遺伝による

間違いありません。けど、この遺伝が50%だけ、後の50%は母乳をうすめて

飲ませる。あるいは牛乳も高カロリーしないで、規定よりも3倍以上うすめて

飲ませる。

  B.絶対cream、軟膏、非ステロイドでも使わないでください。

毎日おむつよく交換する。よく何回も洗うこと。

  C.私の臨床経験では私の患者なら三通茶とポロンを飲ませれば、

皆100%改善します。

  D.それもなければ、まず低カロリーの流動食を飲ませる。

あるいはセロリ、野菜ジュース、あるいは漢方薬、黄連を飲ませる。

これでもいいです。でも自分やるには面倒だから、やっぱしC.に従うがよい。

 

 
                                                            DrTSAI〜

 

21世紀の素晴らしい治療法(メルマガ2012-03-21版)

DrTSAI二つの治療について

 @現代解剖医学鍼灸治療
 A体内汚血血栓毒素除去術

DrTSAIが開発した治療法は物理療法でまったく副作用はありません。

この二つの治療法を10回前後施行すれば、10個以上の病状が同時に

消えていくことが臨床実験成績で実証できました。例えば、肩こり、

背部痛、坐骨神経痛、痒み、腰痛、関節炎、糖尿病、尿酸も高い、

コレステロールも高い、脂肪肝、飛蚊症、顔面神経麻痺、狭心発作、

胸痛(胸悶)などDrTSAIの施術をすれば、10回前後で上記の症状は

同時に消えていき、化学薬品は一切使いません。

 


 
                                                            DrTSAI〜

 

体内の塊が万病の主因である(メルマガ2012-03-28版)

人間が生きている内に、誰でも体の不具合がある。この不具合を治すために、

薬草を服用する。最近200年の化学薬品及び温熱療法、運動療法、SPA、

休憩療法、中国の鍼灸療法など、すべての目的は体内の塊を打撃する、

毒素virusを駆除することである。

 

21世紀の現在、人類の病気を治すにはほとんど薬を飲む。しかし、西洋医学

でも中国医学でも体内の塊を治すには薬では克服できない。私の臨床経験に

よって解熱剤以外の薬はすべて効き目がない。原因は薬が体内の塊を打撃する

ことができないからだ。蔡博士の臨床結果によって、一番早く病痛を解決する

方法は現代解剖医学鍼灸治療で体内の塊を砕けて、体内汚血血栓毒素除去術で

廃物を吸い取ることだ。

 

癌になる主因は蛋白質の塊と欲望とストレスである。それが長く続くと、

癌が発症する。欲望はtriggerだ。最大の原因は蛋白質の塊である。最善の

予防・治療法はやはり蔡博士の二大治療法


・現代解剖医学鍼灸治療

・体内汚血血栓毒素除去術

 

 

 
                                                            DrTSAI〜

睡眠のパターンは年齢によっては皆が違います(メルマガ2012-04-05版)

人間が生まれて大体25歳までは毎日ぐっすり眠れるのは普通かつ健康ですが、

大体30歳以上なると、睡眠のこととして段々と眠れなくなり、その理由は

ストレスが増えてくる、入試、就職、恋愛、結婚、子供を養う、仕事、家庭、

社会、人間、職場関係などの理由で睡眠は段々と熟睡できません。寝る時間も

短くしてそれからはいろんな睡眠障害による複雑な症状が出てきます。


まず耳鳴り、頭がフアフア、脳虚血、心虚血、胃潰瘍、自律神経失調症、頭痛、

肩こり、腰痛、坐骨神経痛などの不定愁訴が出てくるのです。だから、睡眠が

いかに大切なものです。できたら60歳以降がもしも子供時代の睡眠が取れたら、

いかに幸せでしょう。健康で元気で長生きできるでしょう。


1〜16歳までの子供時代の睡眠が一番良いです。20〜50歳までの睡眠が

熟睡できません。ストレスによる不眠が続く。55〜90歳まではいかに

子供時代の睡眠に戻すかがあなたの寿命、健康、元気に左右するのです。

大体60歳以降3-4ヶ月睡眠を取らないともう心臓発作、脳梗塞発作につながり

ます。要注意。 

 
                                                             DrTSAI〜

喘息の禁忌(メルマガ2012-04-12版)

【喘息の禁忌】

 @睡眠うまくとれていないと駄目

 A脂っこい肉、トロ、魚不可

 B濃厚スープ不可

 Cいつも熟睡しない 不可

 D化学薬品でたらめに飲むと駄目


【治療法としては】

植物性

 @甘草   2g
 A龍眼肉  10g            
 B高麗人参 10g
 Cナツメ  5コ

これらを煮てスープにし飲むこと


 
                                                            DrTSAI〜

癌になった人の心は?(メルマガ2012-04-19版)

  癌になる前には何を言おうが何をアドバイスしようが99.99%の人が

聞き入れてくれません。特に知識人が聞かないです。


  一旦癌の宣告をされたら、慌てて藁をもつかむような感じで心配し、焦り、

不安を抱え、乱治乱療が始まります。でも癌の治療をやっている大学病院、

癌センター、民間偏方、どこでやっても結局効くものはありません。

慌てる人が早く天国へ行き、ゆっくりと対処する人がゆっくり天国へ行く。

DrTSAIの汚血を取る方法と鍼灸方法がベストではなくても、いろんな治療法

よりもましと思います。癌の発生は火災と同じです。一旦火災が発生したら、

大体灰になるのです。すべては終わり、だから癌になる前によく体を注意して

DrTSAIの鍼灸と吸引方法が予防になると思います。


  心配、悩み、不安、不眠などは癌になる典型的な心です。これをうまく

対処すれば、予防の半分が成功します。

 

 
                                                            DrTSAI〜

一晩の睡眠は万病を予防する(メルマガ2012-04-26版)

  人生を100年間とすれば、約1/3の33年間は睡眠中です。

犬が1週間睡眠を取らなければ、99%は死んでしまうでしょう。

若者は無理をすれば、1週間眠らずに麻雀をやれるかもしれませんが、

50歳以上の人は、2日間も寝ないと、ぼんやりし、眩暈がします。

  中国の諺に「一覚到醒、百病不侵」という言葉があります。

  3週間きちんと寝なければ、脳梗塞、心筋梗塞、心臓発作等重い病気が

起きる可能性は大きくなります。良質な睡眠は長寿と健康の源です。

これを信じる人は健康で長生きするでしょう。沢山の癌の患者は癌のせい

だけで死んでしまったわけではありません。

  癌を患ってから、毎日心配して眠れなくて死を加速したのでしょう。


  
                                                            DrTSAI〜

癌の治療と予防さまざま(メルマガ2012-05-02版)

  癌は肉体的な壊病です。そのきっかけは90%が精神的な打撃によるものです。

大体癌は蛇と虎と同じ性質なものですが、あなた本人がつよく攻撃すると、

癌も強く抵抗します。あなたはやさしく撫でる心があれば、蛇でも虎でも

癌でも普通の猫に変身します。だから、対処仕方によって癌も普通の病気に

なってしまいます。あなたの心次第で癌もおとなしくなるはず。


世の中にはいろんな癌の治療法がありますが、99.99%は効き目がありません。

抗癌剤も効きません。信用したら、命だけは取られてしまいます。

要するに癌はあなたの心の持ち方で勝負できます。さまざまな攻撃性治療

(リンパ治療、放射線治療)は効果がありません。失望してあの世に逝くだけ。

癌の患者は早く目を覚ましてください。人間は寿命がありますが、

でも心持が良かったらすべてはうまく行きます。 

 
                                                             DrTSAI〜

癌の治療思考(メルマガ2012-05-10版)

  癌というのは中国5000年前で言うと壊病。もうすでに人間が疲れきって

いる。体が消耗しきっていることを言う。こんな壊病ならその治療方法は

Dr.TSAIの西医式鍼灸と西医式針吸療法で98%以上の回復が可能です。

要するには3期か4期前の癌ならDr.TSAIの治療と休憩で回復する可能性が

あります。

  末期(4−5期)なら実に言うと難しいことです。Dr.TSAIがこれで実績を

もっている肺癌、肝癌、大腸癌、膵臓癌3期前ならほとんど元気で回復する。

世の中には癌の治療はさまざまあります。もちろん抗ガン剤療法、放射線療法、

その他の民間療法、食事療法の中にはてきめんに効くものはないだろう。

要するに元気回復するならDr.TSAIの二つ療法と休憩が一番です。


 
                                                             DrTSAI〜

熱中症対策(メルマガ2012-05-17版)

  熱中症というのは、体内の悪い蛋白と脂肪が発酵し、急に体内に熱が

こもり発症します。腐っている湖と同じように、いろいろな動物、魚などの

死骸などの腐敗した蛋白で発熱するのと同じです。

  人間は、体内で熱が発生し、体外、外気温30℃以上の熱で、内外から

熱に挟まれ、人間の頭はフラフラ、また睡眠不足が重なり頭がコントンとし、

もうろうとしてしまうのです。そして、熱中症で倒れてしまうのです。

対策

1.木陰で体を休める。暑いときは外出しないこと。室内で換気扇などを

  使い空気の流れを作り休息する。

2.よく睡眠をとること。朝起きたら、1杯フレッシュジュースを飲むこと。

3.DrTSAIの鍼吸治療で体内の腐敗した蛋白をとる。

  これは2回くらいでてきめんに効果がある。

  体の表熱がすぐに消える。臨床実績あり。

 

 
                                                             DrTSAI〜

皮膚病を治すためには全世界ではすべて間違っているので(メルマガ2012-05-24版)

下記のことはDr.TSAIの提案でよく理解して下さい。

@皮膚病が治れないのはすべて化学薬品の乱用です。

A大学病院の医師教授たちがまったく無勉強でしかも研究する方向が

間違っているので、全世界どこでも治りません。しかも悪化する。

すでに悪化しているのは4億人います。その3倍で皮膚病患者は12億人

以上います。

B養殖時代ですので、抗生物質、ホルモン、肉骨粉の氾濫では21世紀の

養殖肉、魚がほとんど食べられません。多いに食べると皆がアレルギー

体質になって、それから重症の皮膚病が始まります。

C病院に行くと治療する方法がないため、化学薬品を乱用する。

しかも患者が新薬のモルモットになるので、すべて悪化する。

治すメカニズムも知らないくせにどうして皮膚病患者を治せるのか。

D皮膚病の二大要因は

・体内毒素、ウィルス、汚血、肉骨粉などから起こす。

・現代医院の化学薬品などで皮膚病を悪化させる。

以上の二大要因を取り除けば、すべての皮膚病は完治します。

E今の保健時代、病院医師皆が利のために走る。簡単に治せる病気は

わざと保健の高額に走る。損するのは国の保健の財政と患者です。

これは全世界に言えることです。手術と入院費用は月に80万~100万請求

できるので、すべての医療従事者皆が利のために走る。怖い将来です。

Fだから皮膚病患者がまず大学病院にいくら通っても治りません。

ゆえに民間療法、健康食品など日本だけで何千何万の民間療法と健食

療法があるが、すべて役に立ちません。治すこともできない。

患者を騙している。無駄に時間をつぶし、体もよくならない。

しかも症状が悪化する。だから精神的にまいってしまう。

だから有名な雅子さまも同じように人格障害と言われてしまう。

これは医師病院の責任です。


 
                                                             DrTSAI〜

なぜ癌の患者が手術を受けた後、90%は再発するのか(メルマガ2012-05-31版)

  人生は僅か100年間に過ぎない。この100年間癌で亡くなった人は60%以上を

占めている。衰弱死の人は10%を占めている。外傷による死亡は約20%~30%を

占めている。

  癌の患者はほぼ全員が手術、化学療法、放射療法などを受けるが、90%は

再発して死んでしまう。だから、21世紀の現代医療で癌を治せないことがわかる。

  皆にわかるように化学薬品の副作用があるのに、なぜ世界の衛生署は化学

薬品の使用を許可しているのか。これはまさに21世紀人類悲劇の始まりだ。

皆は利益に走るので、自分の健康を忘れてしまった。

  私は昔言ったが、癌の薬はない。現在の治療法だと、90%は3年以内

再発する。本当の治療は化学薬品ではなく、休養、欲望をなくし、ストレスを

減らし、自分の能力以外のことをやらないことでしょう。もしあなたは癌を

患ってしまったら、現在の事業を辞めて、仕事、女すべてを捨てて、Dr.TSAIの

箱根別荘で鍼灸、針吸、マッサージ治療を受ければ、10年間の延命ができる。

安心して治療することが一番重要だ。

 

 
                                                             DrTSAI〜

皮膚病を悩む患者様へ(メルマガ2012-06-07版)

 アトピーをはじめ、乾癬、脂漏性皮膚炎、水虫、湿疹などの皮膚病は、

日本をはじめ全世界各病院の治療法が間違っています。このまま続けると

皮膚病患者は治らないだけではなく、時に化学薬品の副作用に陥ってしまい

ます。

皮膚病を治すためには正しいルールを守ること
_________________________________________

@すべての軟膏、ワセリン、馬油、オリーブ油、抗アレルギー剤、痒み止め剤、

乳液を使わないでください。すぐやめてください。

Aやめたらリバウンドとして一時的に悪化してしまいますが、東京の蔡内科

皮膚科クリニックできちんと治療すれば、大丈夫です。

B蔡クリニックの指示に従っていただければ、皆よく治ります。すでに30年間

臨床をして7万人以上の人を治しています。
_________________________________________


間違った治療法に巻き込まれないでください。

 
                                                              DrTSAI〜

アトピー性皮膚炎慢性化なる原因は化学薬品の乱用です(メルマガ2012-06-14版)

  私はアトピー性皮膚炎に従事して20年あまり、患者数延べ7万人以上、

全世界に渡っています。フランスからメキシコ、インド、アジアからの患者も多い。

臨床の実績から見るとアトピー性皮膚炎の原因物質は食事から取っている肉、

魚の蛋白質と油からなることが多く、この蛋白質は普通に排泄できればよいのに、

しかしなかなか排泄できません。だから患者はよく病院に行って、抗アレルギー剤と

ステロイドを処方されて、この悪蛋白質を封じこむつもりですが、しかしこれらの薬を

使用すると、一時的によくなるように見えるが、実際はもっと体内に増殖すると同時に、

この化学薬品もともとアレルギー源の一種です。その理由で病院からもらっている

化学薬品(軟膏とステロイド)を使用すると一時的によくなるが、実はもっと悪くなる。

だからこの悪蛋白と化学薬品はアトピー性皮膚炎を慢性化するに違いありません。

 

最近佐賀大グループの発表でペリオスチンの蛋白はその悪蛋白質にあたるが、

実際はそれだけではなくて痒み因子が多種多様ですので、このペリオスチンだけでは

言い切れないと思います。これも分らないものです。DrTSAIの方法は化学薬品物質を

使わない。それから体内のペリオスチン蛋白を取り除くことで一番成功率が高い

treatmentだと思います。もうすでに7万人20年以上の臨床を持っています。

これは信用できます。

 
                                                              DrTSAI〜

蔡先生の二つ治療法の特長(メルマガ2012-06-21版)

(1)世界で初めて新しい治療法です。

(2)計画的に治療すれば、

      はじめ週に1回

      4回目から2週に1回

      7回目から3週に1回

      10回目から月に1回

(3)下記のことが得られる

      @体が軽くなる。脳の回転が速くなる。動作も機敏になる

      A老眼が消える

      B飛蚊症が消える

      C眼圧も下がる

      D生活習慣病すべて検査数値が下がる

        本態性高血圧、尿酸、血糖、高脂血症、高コレステロール症

      E脳梗塞の予防

        心臓、狭心症発作の予防

        癌の再発・転移を予防する

        皮膚病も予防・治療になります

      F精神的に落ち着く

      Gよく睡眠が取れる


 
                                                              DrTSAI〜

良質な睡眠はどんな病が予防できるのか(メルマガ2012-06-28版)

良質な睡眠とは

1.大きいあくびをよくすること

2.2時間を寝るのに、7時間を寝たような感覚

3.朝目が覚めたら、自分がどこにいるかがわからなくなる

4.0-25歳の睡眠が長寿の秘訣

上記条件の睡眠を取れれば、どんな病を予防できるのか

1.心臓病、狭心症、心率不整、心臓発作を予防する。

2.脳梗塞、脳出血、ボケ、認知症を予防する。

3.消化道、胃腸障害を予防する。

4.精神を安定させて、息切れ、胸痛を予防する。

5.頭痛、肩こり、腰痛、背痛を予防する。

6.癌を予防する。

7.集中力を高め、頭の回転を早め、性欲を増強し、疲れにくくなる。

8.65歳以上の人は良質な睡眠と休憩を取らないと、老化を加速する。

9.忙しくてあまり寝ていない人は心臓発作になりやすい。

10.お金を抱いて寝るお金持ちは危険だ。お金より良質な睡眠を取った方がよい。

11.済公が「健康があなたの資産、学問があなたの財産」と言った。

12.良質な睡眠を取らない人には健康と長寿を語る資格がない。

13.Dr.TSAIがすでに臨床実験で良質な睡眠をとる方法を見つけた。

14.珍奇な動物、サプリメント、ホルモン剤、ES細胞、胎盤素、牛黄、

   熊胆、冬虫夏草、など、どんなものを食べても、沈香奇楠伽羅油の

   方がはるかに効果ある。

15.肺気腫、気管支喘息、時間をかけて根本的に治す。

 

 
                                                              DrTSAI〜

万病を治すためには睡眠と休憩しかない(メルマガ2012-07-12版)

  万病を治すためにはDrTSAIすでに20年間研究しています。その結果と

結論がすでに臨床済みです。しかも100%効果があります。

それは現代の忙しい人間には不可欠なものです。要するに人間の睡眠は

三階段に分けていますが、その一番よい睡眠は0歳〜25歳までの睡眠です。

(一)0歳〜25歳、8時間〜9時間深い睡眠、不眠症がなし

(二)25歳〜70歳、5時間〜7時間浅い睡眠、不眠症があり

(三)70歳〜99歳、4時間〜6時間不眠症が連続し、人生の黄昏

  その三段階の中に必要かつ十分人生を送るには0歳〜25歳の睡眠です。

  DrTSAIの患者中には90歳以上30何人います。すべてよい睡眠を得ています。

すなわち床に入ったら、3分で寝てしまいます。そのためにDrTSAIが

研究臨床済みなので、0歳〜25歳の睡眠を取り戻すために鍼灸治療する前に

100%伽羅油を舐めてから針をする。それは0歳〜25歳の睡眠に取り戻すことが

できます。すなわち爆睡になります。幸せです。

 

 
                                                              DrTSAI〜

健康になりたい21世紀(メルマガ2012-07-19版)

  人間はとても頑固な動物ですが、とても変わりやすい動物でもあります。

その特徴は二極に分けられます。

  人間の歴史はさまざまのようですが、永遠に繰り返しているのです。

大体300年もしたら、すべて忘れられてしまいます。それからまた同じように

繰り返し発生します。これは終わりのない永遠なことです。それが歴史という

ものです。

  この歴史を見てからわかるように、王族から小作人まで短命な人々がどの

ぐらいいたでしょうか。その中で健康になりたい不老長寿になりたいという

ことは、ほとんどの人々の願望でありました。特に21世紀の今は、健康になり

たいという願望がもっとも強烈な存在であります。どうしてかというと人間は、

最頂点の文明物質的欲望、すべてをかなり掌握してしまいました。残りは、

21世紀に宇宙に旅行してから死んでもよいなど。あるいはすべてが手に入り、

ないものはないということですから、残りはずっと健康になりたい。

それが本音です。すべてのことを味わってしまったから、もう他の欲望も

なくなり、あとは健康だけ欲しいのです。それが90%の人々の願望です。

 

 
                                                              DrTSAI〜

この世界では人や病気が増え続ける(メルマガ2012-07-26版)

  現代医療は第二次世界大戦から発展した戦争医療です。この医療は

病態医療と保健医療に相応しくないので、全世界の大学病院は治療原理に

反しています。だから99%の病気は治りません。戦争、喧嘩、事故、

外傷の治療は主に止血、消毒、切除です。その他は患者自力で回復するしか

ありません。

最も深刻なのは

1.全世界各大病院では皮膚病の治療が間違っているので、皮膚病患者は

    治らないにも関わらず、悪化してしまいます。

2.癌治療も間違っています。例えば、手術、放射線治療、化学治療が

    体に悪いので、患者は早く死んでしまいます。だから、現代医療は

   「早期発見、早期治療」をだけ提唱しています。

3.その他の病気でも、治療方法がないので、各種病気の治療法と化学

    薬品は効き目がぜんぜんありません。現代医療は詐欺医療に過ぎま

    せん。

 


 
                                                              DrTSAI〜

化学薬品は体外に排泄できません(メルマガ2012-08-02版)

  化学薬品は90%以上が石油から抽出されたものです。その化学薬品は体内に

入ったら、排泄するのはとても難しいです。いわゆる半減期になりますが、

それは一般的な検査の話ですが、臨床面あるいは結果論から見ると、化学

薬品は体を悪化する作用しか見えません。化学薬品は主に親油性と親水性に

分けられます。親油性のものは99.99%が排泄できません。親水性のものは

完璧に排泄できるとは言えません。どうしても体内に残留してしまいます。


  現代医療の化学薬品は200年近く歴史があるので、副作用と悪作用が

すべて出てしまいました。現代医学が患者の心理を使って、化学薬品に

名前をつけました。例えは、抗ガン剤、抗アレルギー剤、鎮痛剤、

抗かゆみ剤など。英語で言うと、Anti−が付けています。私が30年あまり

臨床をやっていました。7万人の患者を責任もって追跡しました。化学薬品の

現場も見ました。抗ガン剤の副作用は腹水と転移です。心カテーテルを

やっても、やらなくても心臓病の発作確率が同じです。抗アレルギー剤と

その類似品が体内に入るとすべて膿に転換してしまいます。免疫抑制剤の

副作用は天疱瘡になります。その他特殊な治療方法すべて体を浸蝕し、

潰瘍になります。ゆえに安易に化学薬品を使わないほうがよいです。

その副作用だけで病名も増えてしまいます。

 

 

 
                                                              DrTSAI〜

pain clinic(メルマガ2012-08-09版)

Dr.TSAIの「NAT針療法」は世界一のpain clinicである。

人間の体には大体痛みの理由は三つがある。

1.痛み蛋白因子の悪作用。神経を食ってしまう。それは痛みと痺れがついてくる。

  その痛み因子は毒蛋白である。

2.汚血の溜まりによる神経の圧迫による痛み。

3.癌と腫瘍による圧迫で痛みを発生する。


治療法:

1.癌と腫瘍による痛みは手術でとってしまうことは一番良い

2.その他、Dr.TSAIの「NAT針療法」で手術なしで、完璧に治す。

 

原理:

体内悪因子を体外にとる治療は世界初且つ一番よい方法である。

Dr.TSAIはすでに30年余り臨床を経て、患者数7万以上治している。

だから信用性が抜群だ。


  
                                                              DrTSAI〜

健康寿命と平均寿命の区別(メルマガ2012-08-23版)

人間のもっとも大切なことは、健康寿命の長さではないでしょうか。

寝たきりで、動けなくなることは何よりも残念なことです。自分で動けて

毎日楽しめることはとても大切です。

天がくれる寿命は平均100年ですが、あなたは何年ぐらいもらうつもりでしょうか。

人生の生きがいがあるか、もう生きがいがないか、それが分れ嶺です。

生きがいあると感じるときは、それは健康の証拠です。すなわち健康寿命の

本当の意味です。どのようにして健康になるか、寝たきりはいや、

動けないもいや。それをなくすには、すべて本人が決めるのです。

本人が60歳から確かな自己管理、自己注意を心がけることですが、

けっして健康診断を受けるとか、いろんなプラセンタを注射するかということではありません。

規則正しい生活、よく寝ることできる。

毎日爆睡すること、快食、うまく排泄できること、

それが健康になる鉄則ではないか。


 
                                                              DrTSAI〜

人間がなぜ突然死になるのか?(メルマガ2012-08-30版)

50歳以降、誰でも体調が悪いのはあるが、本人もしも自分の体のことで

先感知しなかったら、突然死の元になるのは多い。人間が生きているうちには

生活のため、仕事のため、遊びのため、何をやっても必ず体に故障が発生

すること、絶対のことですが、例えば、頭痛、肩こり、背痛、胸痛、咳込み、

眩暈、腰痛、痒み、坐骨神経痛、ヘルニア、花粉症、鼻づまり、関節炎、下痢、

便秘、微熱、発熱、頻尿、尿が出にくくなる、これらの症状は誰でもあるが、

本人がこれらの症状を先に感知しなかったら、そのまま行くとこの人が

突然死になる。可能性は99%やってくる。だから、突然死の原因は99%が

心臓麻痺、脳幹出血、この二つなら、一発で死ぬ。その他の病気がすべて

時間をかけて長い年月を育ててくるのです。急に急死することはないだから、

胸痛、背部痛、肩こりの人は直接心臓と脳に近いため、これらの人間は突然死

になるのは当たり前。

 

癌と生活習慣病は時間によって、育てられているのだから、

絶対急に死ぬになることないです。ほとんどの病気、癌を含めて、皮膚病を始め、

咳、鼻水、鼻づまり、頭痛、胸痛、背部痛、関節炎、高血圧、糖尿病、痛風、

高脂血症、C型、B型肝炎、アレルギー体質、アレルギー疾患すべてあなた本人が

育てられているのです。絶対突然くるわけないです。

 

 
                                                              DrTSAI〜

患者様各位(メルマガ2012-09-06版)

蔡博士は2500年前の医療を改良し、「NAT針療法」を発明しました。

これは現代医療の検査、手術、化学薬品療法と全く異なる治療法です。

多くの患者は現代病院でめちゃめちゃ治療されて、あらゆる難病も出てきました。

だから、あなたはどこの病院に通っても、治らないのです。


蔡クリニックに通っている患者は95%の病状が改善されています。

更にアンチエイジング効果、癌予防効果、心臓病予防効果もあります。

あなたの努力と蔡博士の指導で、健康年齢は100歳まで伸びます。

これこそ、蔡博士の「NAT針療法」の最高芸術、哲学と技術です。

「救富済貧」の精神を持って、皆様のご支持とご理解を頂きたくと思います。

我々は患者の病気を治して、命を救うことを使命として頑張っていきます。

中国語にはこんな言葉があります。「病気になるのは山が崩れるようなことで、

病気を治療するのは糸を剥がすようなことだ」


つまり、健康を保つには、工夫が必要です。一旦病気になったら、山が崩れるように大変なことになります。

 


 
                                                              DrTSAI〜

Anti-Aging技術は成功した(メルマガ2012-09-13版)

誰も60、70、80歳の時、40、50歳のように元気を回復したいだろう。

これを実現するには、胎盤エキスやSE細胞、冬虫夏草、熊胆、人参、牛黄、

燕の巣、フカヒレではなく、DrTSAIのNAT針療法を受ければよいのだ。

この技術はすでに臨床30年間、治療患者数7万人超の実績がある。

若返りたい人は下記四つの条件が必要

(一)お金がほしい、命がいらない人はダメ。

      お金もほしい、命もほしい人が相談する。

      命がほしい、お金がその次の人なら、よい。

(二)余裕、忍耐力があり、計画的に治療できる人。

(三)人民元100万元がかかる。

(四)全身をすみずみまで処置する場合、1-2年間がかかる。

      NAT針療法で完璧達成できる。たしかに若返りになる。動作が機敏になる。

      老眼がなくなる。脳の判断力がよくなる。30歳ぐらい動けること。

1-2年計画治療course

@1-3月、全身処置、約12回

A4-6月、頭部、上半身局部処置

B7-9月、四肢、関節処置

C10-12月、全身と局部処置

治療方法はDrTSAIのNAT針療法である。世間の断食療法、運動療法、温泉療法、

SPA療法、薬療法とも及ばないのはDrTSAIのNAT針療法である。Anti-Aging物理療法として臨床実績が多数ある。

効果

@Anti-Aging、若返る

A脳梗塞、心臓病発作、認知症を予防する

B癌を予防する

C痛みと痒みを予防する

D老人シミ、シワ、90%以上が消える

※事前に病院で検査した結果をもとに、治療計画を立てる。

※お宅に専門医療隊を派遣し、治療を行うことができる。

 

 

 
                                                              DrTSAI〜

 

敬老の日と友人の死(メルマガ2012-09-20版)

長い間の長寿国第一位の座を香港に今年奪われてしまった日本、、、。

一説によると去年の東北大震災により、大多数の死亡者発生のためと。

自然災害の前では、ただ運命を祈るだけなので、せめて心を洗い、善行をおこなう。

 

今朝、台湾の友人2名の訃報の知らせが入った。一人は友人の姉で約12ケ月前紹介をされ会ったたばかり。病んでいるとは聞いていたし、またそのようにも見えたが、まあ普通に生活をしているよう。その後入院したとは聞いていたが、数日前に台湾1の病院の救急病室で亡くなったということだ。多分60歳くらい。

 

もう一人は、古い友人でまだ60歳手前。私のことを本にも書いてくれたのだが、地域の中でも活躍され、占い、天との交流ができると評判で台湾の著名人たちのご意見番としても重宝されていたようだ。癌で苦しんでいるという知らせを聞き、数週間前、自宅にお見舞いに行ったが、病院に行って不在のため会うことができなかった。そして、今朝訃報の知らせが入った。

 

自分を誇大広告するわけではないのだが、もっと早く、私に彼らの身体を任せてくれたら、このような結末にはならなかったと思い誠に残念である。ましてや、知らない他人でなく、古き友人である。彼らに理解されなかったことは、私の不徳のいたるところかな。

 

私も早や70歳になろうというこの年齢だが、残された人生を世の中の人々に本当の健康、本当の治療を教え広めることを使命と考え活動していこう。

 

日本では、もうすぐ青山にクリニックが開設されるが、お手伝いしていただける医師の方々がすごいキャリアの持ち主である。彼らも、実は私の治療を受け、元気を取り戻し、この治療の効果を実感されている。私一人が物申しても限りがあるので、皆の力を出し合い、私の「NAT針療法」血除去術を広める。

 

死ぬまで元気、死ぬまで活躍、死ぬまで若い。

この3つのスローガンを敬老の日に贈る言葉としたい。

 

〜 DrTSAI  2012/09/16 〜

日本中国大使の死去に思う(メルマガ2012-09-27版)

西宮中国大使のネット上の写真を見ると、本当に人の良い、またご自分でも

元気と思いお国のためと我が身を振り返らず頑張られたのであろう。

路上で倒れて、3日で死去という速さ。多分、日本でも一流の病院に運ばれたと思う。

一般的には、病院に入ったから、有名だからと安心してしまうだろう。しかしこの結末。


私の感じでは、もちろん国のための過労であろうが、もう前から体内に汚血が

溜まり無理のできない身体であったにちがいない。

私のような1医師の声など聴く耳持たずというとこであろう。残念である。

私も日本、中国、台湾と多くの友人を持ち、政治家、財閥、有名人と

いろいろな職業の人がおり、交流している。

ときに、人生で何が一番大切なのか忘れてしまっている人もいる。

自負するわけではないが、私を信じて私の治療を定期的に続行し、私の注意を

聞いて生活している患者たちは、増々健康を取り戻し、元気に活躍され、

社会へ貢献されている。

 

見た目の元気、見た目の若さ、造り健康、造り若さにだまされないように望む。

現代社会は情報過多で、何が本物か迷ってしまうだろう。結局は大金を使って

情報を作るものが正しいかのような社会になってきた。


私は、一貫して変わらない。本当の健康を皆に提供し、教えるだけだ。

 
                                                              DrTSAI〜

人間病気の強敵は痛み、痒み(メルマガ2012-10-04版)

  人類の生活史の中で7000年前から現在に至るところ、もっとも人間が

悩まされるのは痛みと痒み、特に王宮貴族の中に痒みの発生率は誰よりも多い。

21世紀の現在に立派な病院と検査がそろっていたが、それでも現代社会の

大きな罠だけです。人間の根本的な痛みと痒みの解決にはなりません。

DrTSAIすでに30年の臨床研究では特に痛みと痒みを薬なしで速効性に

解決したわけです。それはDrTSAIが提案した

                      「NAT針療法」
             New Acupuntural Therapy

 

すべてその通りにまず鍼灸で汚血、悪血、毒血をやっつける。

それからその毒血を取り出すことによって、痛みと痒みが取れるのです。

まったく天からの言った通りで合理的な治療法です。

 
                                                              DrTSAI〜

瀉血療法について(メルマガ2012-10-11版)

  蔡クリニックでは、十数年前より、汚血除去、NAT針灸により、難病を治療してきました。

昨今、C型慢性肝炎や脂肪性肝炎に瀉血療法が高い効果をあげているという便りがあります。


 一般の病院での瀉血療法は静脈を流れている汚血を抜きますが、過去の文献に

よると危険性もあります。また私のNAT針灸と異なり、体内に溜まっている汚血を

取り除くことはできません。


 当院のNAT針灸は安全で副作用もなく、肝臓の周りに溜まっている汚血の塊さえも

取り除き、体全体、内臓、皮膚、全てを綺麗にしていきます。動静脈血管外の

毛細血管組織細胞の末梢汚血とるこの治療法は、DrTSAIの40年の臨床により

開発されました。瀉血療法の効果が認められてきたのはDrTSAIにとっても理解が

広まり喜ばしいことですが、より優れたNAT針灸との違いを認識されることを望みます。

当院もDrTSAIのNAT針灸、汚血除去術を、人類の健康の為に自信をもってお薦めできます。

 

〜便りによるデーター〜

 瀉血とは体内の血液を抜きとることです。静脈に針を刺して専用のバッグの中に、

200mlの血液を採取します。従来は血液疾患で高度の鉄過剰症の方や、多血症の

方に実施されてきましたが、近年になって、瀉血療法がC型肝炎や非アルコール性

脂肪性疾患(NASH)の改善に高い効果があるとわかってきました。

{瀉血の目的}

鉄は過剰にあると活性酸素の影響で組織障害(炎症)を起こしやすくなります。

特に肝臓にダメージがあるとさらに肝臓の破壊が進みます。血液中の赤血球の中に

あるヘモグロビンという色素には鉄が入っています。鉄は赤血球を作り出すには

かかせない物質の一つで、瀉血をして赤血球を減らす(同時にヘモグロビンも

減ります)と、体が新たな赤血球を作り出そうとして、肝臓の中に貯蔵してある鉄を

利用しようとします。その結果、肝臓の鉄が減ると肝臓の炎症がおさまってくる、というわけです。

 

 
                                                              DrTSAI〜

癌手術(メルマガ2012-10-18版)

  10月5日、私の携帯に訃報が入った。

  台北の医院が転居するということで、毎週の台北行は9月末から2週間

お休み。かねてから、中国からも私の治療に興味をしめし招聘されていたので、

9月末は北京、そして先週は、上海、杭州、深へ、会議、講演と回っていた。

その訃報とは、私の台湾警察大学の大先輩で、台湾では著名人である。

数年前も病んでいたということは聞いていたが、執筆活動などは続け数か月前

までは、毎月共に会食をし、楽しんで、台湾の将来を憂い活動をしていたのだ。

2か月前、大腸癌の2期ということで、私の治療を数回受け元気にしていたが、

台湾大学医学部の教授に私の治療を「STUPY」と言われたらしくて、私の治療を

止めて教授の手術を受けたようだ。その後、化学療法と一般的なコースだと思う。

そして、この訃報を受けた。なんと早い。残念でならない、まだ寿命はあったと

思う。一人のかけがえのない先輩を失ってしまった。

  日本の同じ医師の友人は、今年の初期に第三回目の癌手術を受けた。入院して

いるという知らせを受け、病室に見舞いに行き、今回は私に治療をさせてみないか

と話した。もう手術日は決まっていたので、手術だけして、あとは私に任せてくれ

ということを言って帰った。彼ももう三回目の転移で肝臓癌ということで、

私の治療を受けるしかないと感じたようだ。自分の病院も閉鎖をした。

毎週、私の治療を受け増々回復している。時々有明に行き、検査をしているようだが、

転移もなく癌の数値も0に近くなっているということで、あの医師たちも驚いている

ようだ。毎週の汚血除去のため多少の貧血はあるが、肝臓には貧血のほうがよいと

研究持論をとなえている。現在も毎週私の治療を受け、また医師活動の復帰をもく

ろんでいる。

  人間の選択で結果が大きく変わるのを見たようだ。私には、大きな名声はないが、

30年以上の臨床成績がある。ただ患者を治すだけである。治療法は確立したので、

世の中にこの結果を知らせ広めていくのが私の使命と考えている。

 


 
                                                                     DrTSAI〜

現代医療は戦争医療(メルマガ2012-11-08版)

現代医療は主にWHO主導の西洋医学で、各国衛生厚生部の主流となっております。

現代医療は、実に戦争医療の引き続きであり、現代人の病態医療には効力はありません。


21世紀の今日に発展したのは、検査医療、検査の次は手術医療へとつながることです。

検査医療と手術医療は、戦争、外傷時の医療の主体です。切る、塗る、補修、移植などは、

体全体の仕組みには役立ちませんから、病態と病気を治すことはできません。


現代の癌治療で手術しても、心臓病にカテーテルを挿入しても1.2年で再発となります。

これらをみても、病態生理は切っても補強しても病態は治らないし改善されていません。


DrTSAIがこれらを検証して発覚考案したのが、Connective Tissue(結合組織)

の汚血を針吸すると画期的な効果が達成されるという治療法です。

これが、DrTSAIの「NAT針療法」です。


「NAT針療法」とは、実際に病態を治す針療法です。

DrTSAIは、30年で10万人以上の臨床実績があります。

 

 

 
                                                                     DrTSAI〜

癌患者の食べ物に注意するもの(メルマガ2012-11-15版)

癌を予防するためにはもちろん肉と魚を食べすぎない。内臓、魚卵もよくありません。

乳製品を大量飲むことはだめ。それ以外は次のことを厳守して下さい。


@牛骨スープ、豚骨スープ、鳥ガラスープなどの濃厚スープを食べてはいけません。

A内臓、ホルモン、レバー、魚卵も禁忌

B少量のマグロの赤身ならまずよいです。油がたっぷり入っているものは禁忌

C中国のいろんな強壮剤、熊胆、牛黄、鹿の角、冬虫夏草、燕の巣、あわび、

フカヒレ、プラセンタ、幹細胞、ips細胞、ps細胞、すべて禁忌です。

それはすべて癌を作る元凶です。

Dとにかく素朴な食事、1日2食で十分、濃厚な食事は命とりです。

EDrTSAIの三通茶とポロンを定期的に飲む以外はDrTSAIの「NAT針療法」を定期的に受けること。

F体の中の汚血は癌細胞の温床、癌細胞は汚血が大好きだから、汚血を取ることは大事。

G癌細胞を手術で取っても、取りきれないのです。化学療法剤、抗ガン剤をやっても

癌細胞は消えない。だから99.99%の癌患者は手術を取っても、抗ガン剤をやっても

放射線をやっても、癌細胞は必ず3年以内に転移する。大腸癌→肝癌、肺癌。

乳がん→大腸癌、肝癌、肺癌、脳癌  肝癌→膵臓癌→即死

H現代医療は戦争医療の継続だから、戦争医療は切る、塗る、血を止めるだけ。

特に現代人の病態医療は向きません。むしろ力がないです。少病の風邪から痛み、

痒み、疲労などすべて治療法がないのに、時間たつとすぐ大病になってしまう。

壊病になってしまう。大病、壊病というのはすなわち脳梗塞、心筋梗塞、皮膚病、

いろんな癌になる。これは現代医療すなわち戦争医療はとても対応できない分野です。

現代人の病態はDrTSAIの「NAT針療法」は何とか予防、克服できるのです。

 

 
                                                                     DrTSAI〜

21世紀の病気の根本的な理由と考え方(メルマガ2012-11-22版)

人間は生まれると、即いろいろな病気と闘って生きていくのです。

すべての人間は、生きていくために、学習、勉強、宗族、仕事、娯楽などを

必ずしなければ人生ではないのです。その間には、大小の病気が来るのは

当たり前のことです。

それらの病気の原因とは何か、世間ではいろいろな原因を唱えています。

例えば、細菌、ウィルス、過労などが、病気の主な原因といわれています。


現在21世紀社会では、不潔による病気、養殖魚、肉を食べたり、残留農薬の

ある野菜などを食べることにより、病気に関係してきます。それに加えて、

飲食、肉魚を食べ過ぎて暴飲暴食になっています。ですから、それらの病気の

本質は、ほとんどが蓄積によるものです。


現代社会に例えてみると、高速道路も一般道路とも渋滞に陥っている状態です。

車が多すぎて物資を運ぶことができず能率が悪いのです。人間では、体が重たい、

四肢の関節に雑物が充満しているために関節が腫れぼったい、運動もせずに飲食

ばかりしていると体が詰まることになります。長期に詰まっているとその部分から

腐ってきます。体内で腐ってきたら、癌の発生、血管が詰まる、胃壁が潰瘍になる、

腎臓に腫瘍が発生、肺に小細胞癌が現れる、肝臓に癌が発生、女性に子宮癌、

卵巣癌が発生したりします。長期に溜まると、蛋白脂肪も腐り、その腐ったものが

体を壊すのは当たり前のことです。


すべては、この体内に悪因子、汚血が多すぎるために人間は病気になるのです。

体の血管がやられ、出血や血栓で詰まるか、それらは致命的な病気ではありませんが、

その進行中に癌や膝痛などが発生するのでしょう。


体内汚血により病気が発生することがほとんどですが、汚血を清浄すれば、

病気の発生は少なくなり大病にはならないのです。

小病は赤信号、大病は命にかかわるのです。

 
                                                                          DrTSAI〜

健康食品は健康ではないことを認識すること(メルマガ2012-12-06版)

抗ガン剤は癌に効くものではないのと同じように

また、痒み止めで痒みを止めることはないのと同じように

抗アレルギー剤はアレルギーに対して勝つものではないのと同じように

鎮痛剤は痛みを止めるものではないということです。

 
化学薬品は効果なし副作用あり、ゆえに病院行くのはもうやむを得ない時だけ、

病院にはいかないほうが良い。そのために一般の人が健康食品に走り、

健康食品に騙されて、健康食品をのんで健康になると勘違いする。それは人間が

現代医療の隙間を利用して健康食品を作ったからである。それでも責任は

病院医師にある。病院行くと病気が治らないばかりか、あとたたない病気が

来るから、患者が健康食品に走る。責任は医師にある。また医師は病院は

検査にたよりして、患者に健康食品をすすめる悪徳医師もいる。


病院が99%嘘をついて患者の病気を治せないから患者が途方に暮れ健康食品業者に

甘い言葉で出されたものが多いのである。

 
                                                                          DrTSAI〜

「NAT針療法」は21世紀の医療の主流となります(メルマガ2012-12-13版)

DrTSAIが臨床30年の「NAT針療法」は21世紀の医療の主流となります

現代医療は戦争医療の改訂版、戦争医療とは切る、補う、割る、塗るしか

考えていないので、現代医療は注射、投薬、検査、手術、移植、透析すべて

戦争医療の考え方によって生まれたものです。現在21世紀の人間病気はすべて

食べ物から入って、悪い食べ物によって病気が蓄積して形成したものですが、

もう化学薬品と点滴、注射、投薬、手術すべて一時的な効果を持って、その後は

再発、転移ばかり、現代医療はもうすでに現代病態医学とはあまり合わないやり方

ですので、現代人の病気は現代医療の治療方法とやり方によってはよくなりません。


実に現代人の病気は疼痛、痒み、疲労、発炎しかないのに、何千何万の病名と

薬をつけて、まるで簡単なことを複雑化してしまう。現代の医師はちんぷんかんぷん。

これでは患者も混乱します。実に現代人の病はよくなっていません。


DrTSAIの「NAT針療法」ではまさにNew Acupunctural Therapyこの二つの針療法で

すべての疼痛、痒み、疲労、炎症をすばやくとれてくるのです。もうDrTSAIが

すでに臨床30年余り、臨床患者数もう10万人超えている。現に治療法がない皮膚病、

アトピー、乾癬と生活習慣病(五高)癌と脳梗塞発作、心臓狭心発作すでに予防と

治療ができるのです。これは全世界で50万人の弟子に伝授しています。

DrTSAIが言うこの「NAT針療法」は、21世紀の医療の主流となります。医療費50%削減する。

患者の苦痛も軽減すること、まさに魔法のような大きな仕事だと思います。


 
                                                                        DrTSAI〜

DrTSAIのNAT針療法(メルマガ2012-12-20版)

DrTSAIのNAT針療法60歳以上の体を整理整頓するには2〜3カ月かかります

人間の病気は汚血の蓄積から始まります。汚血を取らないでいると、

大量の汚血のために老化してしまいます。

癌や脳梗塞になり命を終了してしまうこともあります。


最善策として、50歳から体の内部の汚血をとること、汚血を整理すること、

体内の汚血を整理整頓することで人間は生き返るのです。

まずは、若返り、行動が軽く速くなり、頭の回転も速くなります。

耳や目も、難聴や老眼になりません。

また汚血は内から外に溜まります。左右には移動しません。

60年以上体に溜まった汚血を清掃するには時間がかかります。

大体、3〜4カ月くらい、施術回数は約20回前後が目安です。

1回、2回の掃除では、氷山の一角だけです。大体20回ぐらい施術すれば、

5歳ぐらい若くなる程度です。DrTSAI自身は、すでに14年間続けて施術してます。

回数から言うと最低300回以上でしょう。

たしかに10歳ぐらい若くなっています。頭脳清明、動作軽く、顔相が若くなる、

皮膚つやつや、すべてに良いです。まさに人生の再建です。

 
                                                                    DrTSAI〜

ノロウィルスの猛威はこわくない(メルマガ2012-12-27版)

ノロウィルスは一種の蛋白質です。その蛋白質は下痢、嘔吐を起こすウィルスなのですが、

最近テレビ、雑誌と国立感染研究所がノロウィルスに対して、ワクチンもない、予防もわからない。

 

ただ手をよく洗うことはまったくそれなりの処置がありません。

汚れた手はこわいけど、汚れた血はもっとこわいです。汚れた血はすべて患者の体内に

あります。この体内にある汚れた血すべて口から入るいろんな食べ物によるものです。

この食べ物は主に悪いのは鳥肉、鳥の内臓、豚の内臓、豚肉、牛肉と牛の内臓に多く

潜んでいるウィルスです。

 

だから、病院の食堂、弁当、集団集まるところの食事、幼稚園の定食など、

すべて安い素材を使って、とくに肉の種類が養殖によるさまざまな取り扱い肉があります。

それはノロウィルスといろんなウィルスが参入してそれで病人食に入ると、子供の食に入ると、

ウィルスの発生源です。すべて注意すること。食材を注意すること。

けっして手をよく洗うことではありません。

 

厚生省官僚が間違って考え方だと、このノロウィルスの猛威には勝てません。

もっと頭を使って考えないといけません。

DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム