top11.jpg

top12.jpg

top13.jpg

top14.jpg

top15.jpg

top16.jpg

top17.jpg

top18.jpg

top19.jpg

top20.jpg

《前書》

newspaper.JPG洗心」とは心を取り出して、洗うことである。

体を洗うことは「洗身」という。洗身は体の汚れ、汚血を取り除く。

洗心は他の概念で理解すれば良い。例えば、あなたの雄心にブレーキをかけるとか、一歩を譲るとか、人を騙している人は人を助けるとか、人に便宜をあげるとか、歪んだ心を軌道に戻すとか。

すべて洗心の範疇である。

人は生まれてから、利益を追求するために頑張る。

それは一体いつ止まるか?

金銭は万能ではないが、金銭がなければ、何もできない。

史記作者司馬遷曰く「天下熙熙皆為利去,天下攘攘皆為利往」。

2000年前はそうだったが、2000年後も同じである。人類の本性はぜんぜん変わっていない。

人は生まれる時、自分の使命がすぐわかると一番幸せであろう。

世界一のお金持ちになりたければ、世界一の努力をしなければならない。

しかし、最後は、何も残らない。

あなたの道をどのように歩むか、自分の方向を見つけて、間違ったら、

軌道修正するのが洗心の態度である。

もしあなたが洗心すれば、事業も家庭もなんでもうまく行くだろう。

心が健康になったら、体の病態も簡単に良くなる。

故人曰く「人心不足,蛇呑象」。傷が治ったら、傷の痛みを忘れる人は洗心する必要がある。

感謝の心があれば、何でもうまく行く。孔子曰く「做多少,吃多少」

Dr.TSAI 

 

*メディカルカッピング療法*

~ Medical cupping Therapy~

 

全日本にはメディカルカッピング療法、Medical cupping Therapyと称して患者の治療を行っている医院がありますが、本当に患者の病態を治療できるのは、DrTSAIの蔡内科皮膚科クリニックです。

メディカルカッピングとメディカルの名前を使うといかにも病院らしいのですが、これを持って治療するには、長年の臨床と実績がなければできません。最近はこの治療法を軽くみて上辺だけを真似し、宣伝する業者がいますが、本当に困ることです。中途半端な技術で当院の技術を盗み真似し、患者をだますことは許されないことです。

見た目や横文字にだまされないように、皆さまにはくれぐれも注意されることをお願い申しあげます。

 

                           東京初台 蔡内科皮膚科クリニック

* 21世紀の病気の根本的な理由と考え方 → 汚血が溜まる *

蔡先生01.jpg人間は生まれると、即いろいろな病気と闘って生きていくのです。

すべての人間は、生きていくために、学習、勉強、宗族、仕事、娯楽などを必ずしなければ人生ではないのです。その間には、大小の病気が来るのは当たり前のことです。

それらの病気の原因とは何か、世間ではいろいろな原因を唱えています。例えば、細菌、ウィルス、過労などが、病気の主な原因といわれています。

 

現在21世紀社会では、不潔による病気、養殖魚肉を食べたり、残留農薬のある野菜などを食べることにより、病気に関係してきます。それに加えて、飲食、肉魚を食べ過ぎて暴飲暴食になっています。ですから、それらの病気の本質は、ほとんどが蓄積によるものです。

現代社会に例えてみると、高速道路も一般道路とも渋滞に陥っている状態です。

車が多すぎて物資を運ぶことができず能率が悪いのです。人間では、体が重たい、四肢の関節に雑物が充満しているために関節が腫れぼったい、運動もせずに飲食ばかりしていると体が詰まることになります。長期に詰まっているとその部分から腐ってきます。体内で腐ってきたら、癌の発生、血管が詰まる、胃壁が潰瘍になる、腎臓に腫瘍が発生、肺に小細胞癌が現れる、肝臓に癌が発生、女性に子宮癌、卵巣癌が発生したりします。長期に溜まると、蛋白脂肪も腐り、その腐ったものが体を壊すのは当たり前のことです。

 

すべては、この体内に悪因子、汚血が多すぎるために人間は病気になるのです。蔡先生02.jpg

体の血管がやられ、出血や血栓で詰まるか、それらは致命的な病気ではありませんが、その進行中に癌や膝痛などが発生するのでしょう。

 

体内汚血により病気が発生することはほとんどありませんが、汚血を清浄すれば、病気の発生は少なくなり大癌にはならないのです。

小癌は赤信号、大癌は命に関係するのです。

肩こり、頭痛、腰痛、背部痛の即治療法

上の四つ疼痛は一般の病院だと鎮痛剤、消炎鎮痛剤を出しているが、それはすべて効き目がない。上の四つの疼痛を解決するには現在すぐ仕事を休んで、休憩をとって、雑念を忘れて、2週間ほど取れるでしょう。

もしも休憩をしても取れなかったら、それは

Dr.TSAIの

「現代解剖医学鍼灸治療」

「体内汚血血栓毒素除去術」

 

Double療法で

3〜5回で99%完治する。

これを絶対の自信でDr.TSAIがすすめる。

Dr.TSAI 旅行記

Dr.TSAI 旅行記

私は、この2年間、毎週海外出張、金曜日の夕刻または土曜日の夕刻に出発し、

火曜日の夜帰国というパターンを続けています。休みは飛行機の中、車など移動機関の中という生活です。現地に着いても多くの患者が私を待っているのです。

 

私も健康には自信があったし、自分の治療で自分を管理できるので、何も心配はなく

多くのスケジュールをこなすことができました。何よりも、私の優点は、横になるとすぐに眠れることでした。

 

ところが、さすがの私もこの急激な生活パターンの変化で、だんだんと熟睡できなくなっていました。年も65歳を過ぎ70歳手前になりました。それで、日本に戻った2.3日は、箱根の別荘で寝ることにしました。温泉に入り、静寂な森林の中で寝るようにしたのです。東京で診察が終わり、会議などもこなし、夜10時頃箱根に移動、朝6時に起床し、9時の診察に間に合うように東京に戻るというパターンです。東京で寝るよりは少し改善されました。

 

このような体験から、いかに良質な睡眠をとるかを考え始めたのです。もちろん、私の針灸、汚血除去術があっての話ですが、この二つの基本的な治療を受けて、その後マッサージ、温泉などあり、漢方の貴薬といわれる「牛黄、冬虫夏草、鹿角、、、、、、」、私は、それらの最高品質の物を手に入れていますがまだ物足りない感じでした。

 

お陰さまで、私は世界にアンテナがあります。ある日、中国のいわゆる金持ちが、最高の「沈香」を探して欲しいと依頼してきました。この「沈香」とは、日本人はお香ぐらいの認識がありませんが、昨今、天文学的に高騰しており、最高品質の本物は希少価値で、手に入れることは非常に困難です。そこで、世界にアンテナのある私を見込んで頼んできたのです。

 

幸い、ベトナム産の伽羅、最高品質の物を紹介することができました。そして、私も自分で試してみました。私は、沈香茶を毎日飲み、沈香油(これは、まだ世に知られていません)を3日に1度、微量なめます。

 

今の私は、顔色もよく、疲れしらずに戻りました。寝ると、すぐに熟睡しよだれがでるほどで、夢もみない真っ白な状態です。起きれば、すばやい動きができます。頭もすっきりです。天からの最高で最後のプレゼントと感謝しています。

 

                 2012/03/10         Dr.TSAI

沈香のお話 http://www.ne.jp/asahi/lapis/fluorite/essay/incense/incnsrin1.html

Dr.TSAIの改良式西医式針灸の特長

@即瞬間、体の疲労を回復することが一番手

ADr.TSAIの背中針灸をしたら、当日深い睡眠をとることができる。

 翌日に試合に最高調に可能です。

Dr.TSAIの西医式体内汚血吸引術の特長

@瞬間、体が一枚の皮がとれるような感じ、体がすごく軽くなる。

A脳梗塞の予防、心臓発作の予防に最適

B運動障害、発熱、その場で即とれる

本態性高血圧

高血圧は全身性の疾患

いわゆる血管内、血管外細胞が肥えている。

それから細胞外の雑物が密集しているので、

神経がときどき圧迫される。血管も蛇行しているので

相対的に血圧が自然に上昇します。それは本態性高血圧です。

Dr.TSAIの体内汚血を除去すれば、

大体8回〜12回の目安で血圧が自然に120/70に下がります。

それと同時に

血糖値↓

高脂血症↓

尿酸値↓

内臓炎症、B型C型肝炎のGOT、GPTも↓

全身疲労症候群

   今日本に30万人がいます。その中に寝たきりの人が1/10がいます。現段階の検査では異常が見つかりません。しかし、体が動かない。疲れ、疲労にて動けない。このことには検査が信用できるか?検査だけでは通用できるか?患者自分自身の自覚症状が大事か?

   だから、検査だけではものがすべて語れません。検査によって、医師がたよりか、患者がそれをたよりか完全には語れません。 

   疲労というのは体の皮が病気の意味をしています。“皮”に“ダク部”がつければ、“疲”になります。“労”が働きすぎて、力が出しすぎるによって、労務のことです。だから、労働によって疲れとなることは疲労という。

   これから体の皮にある乳酸値がたまりすぎるかもしれません。だから鍼灸と針吸治療が効きます。

   Dr.TSAIが言うには間違いないのです。

なぜアトピーはどこの病院でも治らないのか?

まず、アトピーとは、

@体内に痒み因子が存在する。

A病院で処方した化学薬品(保湿剤、アレルギー剤、痒み止め、ステロイド)などを使っている。

 この二つの条件ともに満たさなければ、アトピーではありません。

だから、アトピーの主因は化学薬品による副作用である。

 アトピーの患者さんはどこの病院に行っても、化学薬品を出されるので、治らないのは当然である。 

このことを分からなければ、アトピーは永遠に治りません。かえって、このことが分かれば、治るでしょう。

なぜ蔡内科クリニックはアトピーを治せるのか?

理由: 

@治療方法は物理療法(鍼灸、吸引)で、痒み因子を取る治療である。

A化学薬品を一切使用せずに、副作用はない。

だから、アトピーが治る。

Dr.TSAI

次項有化学薬品を止めて、吸引治療を受けた後の改善↓

アトピー改善.jpg 

口内炎

fig_133_1.png口内炎は口の中に炎症がある潰瘍、びらんの話です。

 

 

fig_133_1.png口内炎があるということは、消化器系統に血が詰まっている証拠です。

 

 

fig_133_1.png口内炎が重症となるともう、食べ物が食べれなくなります。

 

 

食べ物が食べれなくなる時は、もう死ぬか、体内に蛋白、脂肪が多すぎて身体が受け付けない状態のことです。
fig_133.png

健康食品と栄養補助食品の真実

健康食品と栄養補助食品の歴史はこの50年間の世界です。
国によって違いはあるかもしれませんが、要するに化学薬品と厚生省に規定している局方以外のものはすべて、健康食品と栄養補助食品に入るのです。

漢方薬と化学薬品も発達しているのに、どうして健康食品栄養補助食品が氾濫しているのでしょう。
理由として、漢方薬と化学薬品が人間の病気に効くものが少ないためでしょう。特に死ぬこともない病人が多すぎる、病気が治らない病人も多すぎるからでしょうか、、。彼らは世界のあちらこちらに飛び回り、仙薬神薬新薬を求めるのです。

この現象は医者が無力か薬の効果がないのか、病人が局方以外のものを求めるのは仕方ないでしょう。病気を治すのに皆必死なのです。だから健康食品と栄養補助食品が盛んになるのです。

DrTSAIの目から見るとこれらの健康食品と栄養補助食品はほとんどが気休めで病気には効き目がありません。これらを仕事にして利を求めているだけです。
患者はわらをもつかむ気持ちであちらこちらに飛び回りますが、
  結局は

  • お金を損する
  • 病気が悪化する
  • 人生の時間がもったいない
  • 利も無し

 fig_127.png

 

 

▲TOPへ

→お問い合わせはこちらをクリック!

アトピー性皮膚炎は不治の病ではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺は中枢神経の病気でなくて、末梢神経の病気です。
脳神経12対の中の第7対の片方が麻痺していることです。

顔面神経右が麻痺すると右の顔がたるみ、神経収縮できないということです。
TVキャスターなどの顔を見ればすぐにわかることです。
fig_134.png

 

21世紀にある病気はほとんど薬では治りません

現代社会の複雑さと現代医療のやり方(検査、手術、化学薬品)が混同し、現代人の病気は煩雑になています。
現代人の病気はほとんどが、過労、休養不足、食べ過ぎ、ストレスによるものが多いのです。それで発症した病気と現代医療の考え方で生まれた病気とは相違が多いのです。

現代医療の方法は、取る殺す攻撃するという考え方です。その考え方で生まれた医療は、検査をして手術や化学薬品で殺すか取るですから、病気の発生メカニズムと治療のメカニズムが相反しているのです。

現代医療の手法で現代の病気が治らないのは当たり前の話で、むしろ化学薬品の副作用が多くなります。
本来の病気を治さないで、それに化学薬品の副作用が加わるので、さらに病気を治すのが難しくなっているのです。

現代人の病気は疲労から始まり、過労重症疲労で命を落としているのです。
疲労の始まりの時は文字とうり、「疲労」は皮膚と皮の病気で、過労により皮膚が病になってしまう、これが疲労の元来の意味です。

fig_139.png

 


 

 

 

中国嵩山少林寺方丈釈永信の養生方法

少林寺の方丈は全世界的にも多忙な方で、この20年間毎日会議、謁見している人は最低でも200人を超えています。

肩書は中国人民大会の人民代表、中国佛教協会の副会長、河南省佛教協会会長、世界200ヶ国の少林寺愛好者の代表を兼ねています。
世界各国の元首も少林寺の方丈との謁見を求めています。
ロシアの元プーチン大統領も少林寺に訪問ししています。

このように忙しい人は通常なら体がもたないでしょう。
特に心臓発作、脳梗塞発作、癌発作などが発生するでしょう。
日本の故田中角栄首相もしかりで、その後5〜6年脳梗塞、故小渕首相も3〜4年で脳内出血となりました。日本の天皇も忙しいけれども内容が違います。
しかし、皆独自の養生方法を持たないと、このような役職の人間は数年間でこけてしまうのです。

少林寺方丈の養生方法を紹介しましょう

第一 規律正しい生活 夜9〜10時には就寝、朝7時起床
第二 素食(野菜食)、1飯1菜1汁の原則遵守
第三 必ず 快眠快便快食
第四 昼は1時間休息。夜9時以降は来客と会わない
第五 毎日朝 軽く少林寺の暖身活動拳八段錦
    毎日夜 易経筋、洗髄筋の運動 各30分前後
第六 常によく歩く
第七 常に少林医術を受ける
    1.鍼灸治療週1回、マッサージ週1〜2回
    2.針吸血除去術月1回
    3.三通茶を常時飲む。
fig_140.png

 

死にいたらない病気なら

fig_140.png死にいたらない病気なら、蔡クリニックに相談したほうが良いです。

アトピーをはじめとして、すべての病気の治療と予防は蔡内科皮膚科クリニックに 相談したほうが良いのです。

 

どうしてかというと

  中国医療 は 治療医学

  現代医療 は 検査と手術

ということで   

あなたの病気を治すなら蔡クリニックに

相談するのが早道でお得です! 

 

現代の医師の心を問う

病気を治すのは医師の責任ですが、実は錯覚があります。 医師は治療責任はありますが、治すのは患者自身の管理が一番です。 医師に治療責任があるのは当たり前です。 

しかし、現代の医師は単一方法で、単一の考えで治療しているのが現状です。 ある国では、中医と現代医療を組み合わせた考え方も出てきています。医師に問いたいのは、ある同一病気には何種類の治療法があるのか覚えてほしいのです。

化学薬品の投与、漢方薬投与、点滴、注射、放射線、マッサージ、針灸治療、針吸引治療法、休養、温泉療法、運動療法、ホルモン療法、手術療法、移植療法などがありますが、それぞれはすべて厚生省の規定によるものです。保険制度発足以来、医師による薬漬けか点数化になってしまいました。その中で例えば同一の腰痛の病気であっても、手術療法、鍼灸療法、マッサージ療法、鎮痛剤療法などがあり、それらが点数化されているので、 悪徳医師、病院は、高い点数療法を選択します。

それは国の医療費を取っているのです。

fig_144.png

 

 

 

中華民族先祖DNAの考えで医療を実行するのが良い

世界中にはそれぞれの民族の集団があります。現在のアメリカ合衆国は混合民族、欧州大陸のアングロサクソンとゲルマン民族、他民族の混合、アジア大陸の漢民族を主体としている100以上の少数民族の混合などがあります。

それぞれの民族の特性において、それぞれの文化と医療が生まれます。 ここで医療について話したいことは、欧州大陸民族のDNAは、物事をよく種分け、別々に分けることが大好き。それぞれを対処する方法も多様に分ける。ゆえに、すごい無駄使い、浪費が多く能率も悪い、効果も薄いです。 例えば、白人が発明したITもそうですが、複雑に仕分けし、ユーザーはそれに対応するには何十台のIT装置を買わないといけない。現代の病院も同じく、病気になったら病院に行きます。そして十数個の科に分けられて、自分がどの科に属するのかも分からなくなります。すごく能率が悪く、しかも複雑になっていきます。 

中国医療は中華民族DNAから生まれたものですから、一つの治療方法で複数の病気を治します。ですから、複雑に何種類もの科に分ける必要ありません。 fig_146.png

 

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム