花粉症の症状は下記の三種
1. くしゃみ
2. 鼻水
3. 鼻づまり


 花粉症の木の花粉は、病気を起こす基本の原因ではなく、花粉は、コショウのように刺激粉と同じ、ただの花粉症を起こすきっかけにすぎません。今までの医師会と世間のテレビ等のメディアなどの錯覚で花粉のせいと思ったのです。


 花粉症の問題点は、鼻と鼻のまわりの顔面空洞にあります。正しい見解は、頭と顔に溜まっている汚血が、すでに鼻の内部と鼻の周りの空洞に充満していることにより、鼻の外に出したい汚血を体外に出すことで、くしゃみも一種の表現です。一回のくしゃみで、たくさんの汚血が体外に噴出しているのです。だから、くしゃみということは、基本の原理に基づく症状です。鼻水も同じように、鼻の中にある汚血が、水分が多いので、鼻水として体外に流れていくのです。鼻づまりは、鼻の奥に硬い汚血と、鼻のまわりの空洞がすでに硬い多量の汚血が溜まっているので、くしゃみもできない、鼻水もできない、鼻が汚血でつまっているのです。この汚血は、化学薬品、肉魚内臓脂肪などを食べ過ぎて、鼻に蓄積した汚血です。ゆえに、鼻のまわりの汚血をとれば、治るのです。

  花粉症を治療するメカニズムは、実は、すごく簡単です。
  日本の専門家達が、杉花粉のせいにしてしまった責任は大きいのです
花粉症はまず、鼻水、くしゃみ、目のアレルギーなどがあり、その症状と併発するのは頭痛です。この花粉症の症状からみると、鼻と鼻腔に問題がある。これを杉花粉のせいにする日本の専門家は、責任が重い。
花粉症のメカニズムからみると、くしゃみ、鼻水、鼻づまりですが、これは単なるtrigger(きっかけ)です。本当の原因ではない。鼻のまわりには、7つの空洞があります。この7つの空洞が、肉などの蛋白質と脂肪をとりすぎてつまり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状が出てくるのです。
  治療としては、鼻のまわりの空洞の蛋白質と毒血を取れば、花粉症くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどすべて緩和し、改善していくのです。
  けっして杉の木花粉のせいではない。これが、正しいメカニズムによる花粉症の解釈です。ゆえに、肉と魚の蛋白質を減らして食べること。

kafunsyou.JPG

 人間にとってアレルギー体質になる可能性は99,9%あるのです。 その理由は、人間のDNAは人間のDNAですが、人間は生きるためにいろいろな植物、いろいろな動物、魚、羊、牛、豚、鳥を食べないと生きていくのが難しくなります。ということで、人間は常に、人間のDNAと異なるDNAを食べているわけです。


 人間という生物は、時間とともに進化しています。1億5000年も生きているうちには、いろいろな動植物のDNAを食べて生きてきたのです。その間に、人間のDNAと動植物のDNAは、何千年以上もかなり融合してきたのです。ときに、人間のDNAと優遇している異種DNAが、段々と変化し、同種と異種DNAが混合してしまうとき、その異種DNAに対してのアレルギーが少し作られます。また、人間が、特殊な異種蛋白質、脂肪などのDNAを食べ過ぎると、その人間はアレルギー症状に発展していくのです。そのアレルゲンがたくさん溜まるとアレルギー体質が発生します。次から次と積み重なると、そのアレルゲンがもっと溜まり、即、アレルギー反応が発生します。よくあるのが、そばアレルギー、牛乳アレルギー、卵アレルギー、大豆アレルギー、魚アレルギー、海鮮物アレルギー、ダストアレルギー、犬猫アレルギー、花粉症などなど、何千種類もあります。人間が異種DNAなどを食べるから、接触するから、人間はアレルギー体質になるわけです。


 すべての人間が、病院に行って検査を受けると、すべての人間はアレルゲンを持っています。きりがないのです。ですから、症状が出る人と症状がない人に分けます。アレルギー症状がでたら、その人の体内にはアレルゲンが溜まりすぎたと言えます。アレルギー症状が出ない人は、体内のアレルゲンが少ないわけです。簡単にいえば、食品を食べ過ぎてアレルゲンが溜まりアレルギー症状が出たら、その人はアレルギー体質の対象になります。


 アレルギー症状がでなければ、その人はアレルギー体質ではないと判断します。
 アレルギー症状は、大きく分けると2種類です。

 ①  鼻にアレルギー症状 :花粉症、鼻水、くしゃみなど
 ②  皮膚にアレルギー症状 : 蕁麻疹、痒み、湿疹など

 上記のアレルギー体質が解れば、もう、アレルギー予防、対策は、DrTSAIの説明とおりにすれば簡単に解決するでしょう。

テレビ、ラジオ、メディア、雑誌、新聞はほとんど大企業の甘い汁を吸っています。

だから報道しているものはほとんど信用できません。特に医療のことは信用できないだけではなくて患者に悪い知恵を与えるばかり。患者も無知だから「正しい」か「正しくない」かを区別することはできません。大きなテレビ会社でも「正しい」か「正しくない」はわかっていません。

大学病院の教授が必ずしも正しいとはかぎらない。知識の正しさは大企業、大学病院の言っていることは信用できません。彼らは全て自社企業と自分の地位保つためですので正しいことは知らないのです。

花粉症の治療を例とすると、東京都は何百億を使って花粉症の対策をする。業者も減感作療法がすすむ。何だかんだの研究は全て無駄で役に立ちません。

花粉症を治すには蔡クリニックのお血除去術で体内の悪い血液を取り除いて、後は循環をよくするために漢方薬を毎日飲むこと

▲TOPへ

→お問い合わせはこちらをクリック!

人間の体には黒い血がたまる。その黒い血が黒いほど、硬いほど、その黒血の上に、すなわち表皮粘膜の下に潜んでいる水流がある。要するに水の下に黒い血が存在していること、黒い血の上に河が流れている。

だからその黒い血の表面にマッサージをすると、川の流れの音が聞こえます。
だからその聞こえる音のところには絶対その下に黒い血が存在する。
鼻の奥に粘膜の下に黒い血がたまると、刺激によって鼻水が出てくる。
目にも涙が出てくる。そのとき、すぎ花粉か胡椒が飛んで来て、刺激によって、くしゃみと鼻水が連発。それはいわゆる花粉症です。

▲TOPへ

→お問い合わせはこちらをクリック!

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび  水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

【あらゆる慢性病、成人病】

高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

お問合せ・ご相談はこちら

診療時間
9:00~17:00
休診日
月・火・日・祭日

ご不明点などございましたら、
お電話もしくはお問合せフォームよりお気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

03-5371-0925

医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)は、蔡内科皮膚科クリニック(サイクリニック)、
渋谷区でアトピー・皮膚病全般・難病・成人病・慢性病の治療を行っています。
あらゆる皮膚病、あらゆる慢性病、あらゆる成人病の治療方法をお届け致します。また、社会、経済、政治等人生諸事百般について説き明かします。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

03-5371-0925

<診療時間>
9:00~17:00
※月・火・日・祭日は除く

蔡内科皮膚科クリニック

住所

〒151-0061
東京都渋谷区初台1-51-5-B1

営業時間

9:00~17:00

定休日

月・火・日・祭日

メール会員募集中!

皮膚病、慢性病、成人病等にお悩みの方に治療方法のポイントを電子メールでお届け
します。
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認用再入力)(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。

アトピー性皮膚炎の
専用サイト

薬を使わずにアトピー性皮膚炎の99.99%が完治する蔡篤俊にご相談ください。アトピー性皮膚炎を治す蔡篤俊(さいとくしゅん)の専用サイトは

技術提携医院

(医)あすなろ会
わたなべ皮フ科・形成外科

〒581-0802
大阪府八尾市北本町1-3-5

072-993-4676

上記の病院は2017年6月7日からNAT針療法を導入します。院長 渡辺先生は経験豊富な女医です。お近くの方、ぜひお問い合わせください。

〒859-3726
長崎県東彼杵郡波佐見町
稗木場郷792-1

0956-85-7021
0956-85-7022

波佐見病院にて、2015年9月2日から「NAT針療法」の施術が受けられるようになりました。お近くの方は、ぜひ訪問されることをお勧めいたします。

〒662-0813
兵庫県西宮市甲東園3-6-21

0798-57-5527
0798-57-5529

上記杉原医院にて、2013年12月9日(月)から「NAT針療法」の施術が受けられるようになりました。お近くの方は、是非訪問されることをお勧めいたします。杉原院長は経験豊富な優しい先生です。