全身疲労症候群

   今日本に30万人がいます。その中に寝たきりの人が1/10がいます。現段階の検査では異常が見つかりません。しかし、体が動かない。疲れ、疲労にて動けない。このことには検査が信用できるか?検査だけでは通用できるか?患者自分自身の自覚症状が大事か?

   だから、検査だけではものがすべて語れません。検査によって、医師がたよりか、患者がそれをたよりか完全には語れません。 

   疲労というのは体の皮が病気の意味をしています。“皮”に“ダク部”がつければ、“疲”になります。“労”が働きすぎて、力が出しすぎるによって、労務のことです。だから、労働によって疲れとなることは疲労という。

   これから体の皮にある乳酸値がたまりすぎるかもしれません。だから鍼灸と針吸治療が効きます。

   Dr.TSAIが言うには間違いないのです。

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム