自然治癒力とは

自然治癒力とは
(一)自然治癒力がなくなったら、死ぬのは当然のこと。
(二)病を治すのは、薬ではなくて、自然治癒力なのです。
(三)末期癌の患者は、もう自然治癒力が0に近いのです。

 

生体の自然治癒力とは体内の悪液質を排泄する力を指している
 

 人間の自然治癒力とはわかりやすく言うと、体の悪液質を排泄する力を指している。けれども、現代の医学者、その他の生化学、生物学研究者たちは、免疫力と言っている。この免疫力という言い方は誰もわからない言葉です。


 世間には、いろんなちんぷんかんぷんの医学教授が、免疫力の言葉ばかり使っているが、大体「自欺欺人」の話です。


 私が言う自然治癒力の力とは、生体の排泄機能である。このほうが、一番わかりやすいではないか。
排泄機能は腎膀胱系と皮膚系両方ともが排泄の主体です。


 だから、自然治癒力を高めるためには、体外排泄機能を促進すれば、よいという話です。

 

 人間の自然治癒力は、大学病院の化学薬よりも癌センターの抗癌剤よりも強いものです。抗癌剤は負けるのです。

 実は、人間がもともと持っている自然治癒力と生命力、生まれつきの原動力が一番病気に勝つ。癌に勝つ。ゆえに自分の自然治癒力を養うことが第一です。


 それを養うには、一般的な運動、ジョギング、温泉療法、食品の厳選よりも、一番よい力は休養です。
よりよい療養で、自然に治癒力、生命力を養うのです。

 よりよい療養生活で命が延びる。癌に勝つのです。だから、よりよい療養生活をしっかりと実行しましょう。


自然治癒力を養う唯一の方法は

 ・休養が一番の良薬
・毎日の疲れは、早いうちに回復させること
・体のバランスをよく保つこと
・絶対に美味しいものを食べてはいけない
・絶対にIPS、ES、STAP細胞を入れるものではない
・ビタミン、強壮剤、フカヒレ、燕の巣でもない
・家で癒すことが一番よい方法です

 

病気を治すには、自分の生きる力と、自分の自然治癒力

 人間とは、世の中の一番悪人でもあり、一番良い人でもあります。それは人類の歴史をみるとよくあること。悪いとは、偽り、詐欺、騙す、略奪、他人のものをとる。良いとは、頭を使い、生活の中で良いことをする。


 人間には生活の智慧があり、生活を向上するために、よく頭を使い考え、改善するのです。


 医療でもそうです。病気なるのは、体内に汚血が溜まりすぎて病気になるのです。この汚血が体内にあると、自然治癒力、自分の生きる力を邪魔します。

 この邪魔ものを取り出すと、自然に病は治る。自然に免疫力は向上し、自然に自然治癒力が働く。これはまさに素晴らしい発想と素晴らしい仕事をします。


 でも人間の悪さから、この自然治癒力を利用して、自分が作った薬で病気を治そうとする。サプリメント、健食で病気を治そうと思ってしまう。これは偽りです。自分を騙すことは、他人を騙すことと同じです。これは人間の一番悪いところです。

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム