自宅療養中死亡者の特徴(メルマガ2021-1-23版)

1.共通しているのは、大体60才以上が多い。


2.持病持ちと、基礎疾患のため、何十年も化学薬を飲んでいた。


3.大体、自宅の食事を毎日三食とも食べすぎて、肥満タイプが多い。

 しかも、動きは体が重たい。体中に、足腰の痛いところが多い。


4.自宅環境防寒設備とも悪い、暖房設備とも悪い。


5.体が動きにくい。しかも息切れ症状あり、息苦しいもあるなどの呼吸困難の症状がある。


 しかも、上肺部の胸部圧迫感があるのは、在宅療養で死に至るのは多い。


6.上の死とつながる症状があったら、もしも自宅で適切な予防処置なかったら、死につながる。

 

7.予防対策


@家に、自宅でマッサージ療法士を依頼して、治療すれば死に至ることがない。

 臨床でわかった。


A現代医療の点滴投薬は、患者の体の圧迫が増す。

 だから、安易にたくさんの化学薬を飲まないほうがよい。


B事前に蔡クリニックの体内汚血掃除を10回すれば、

 上記の死につながる症状ともとれるので、死にならないと蔡クリニックの臨床でわかりました。

 臨床済、実績あり。

 

蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム