癌治療の原始的な考え方が正解(メルマガ2021-4-3版)

癌治療の実態を正しく把握した方が良い今までの治療法

1、抗癌剤をやると、化学薬が体内に沈着。そのとき骨髄癌転移となる。

2、放射線療法、意味ない。照射しても癌細胞死ねない。

3、手術療法、60%が3年以内で死亡。あと、40%術後後遺症で苦しい毎日。

以上の三つは、すべて効果なしでどうしようもない治療法です。最近の治療法

1.新免疫細胞療法、研究者の理論妄想だけ。効果ありません。

2.CAR-T細胞療法、研究者の片思いと空想、妄想で効くものがない。

3.その他のES細胞iPS細胞、これも研究者の妄想だけ。

以上の三つの高価療法の効果は確認されていない。しかも、CAR-T細胞と新免疫細胞のメカニズム全て妄想と薬を作る人の空想、妄想、自説自得だけです。効果は未確認のままです。私が思うには、まず、癌の温床―汚血を取り出すことが一番大事。この汚血を取り出すには、半年から1年かかりますが、効果はあります。悪い副作用もない。これこそ信用できるのです。


蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム