抗癌剤について(メルマガ2021-3-17版)

現代の医師は抗癌剤をやらないと手術できないとばかり言っている。一体患者のためにやっているか。あるいは病院の収入のためにやっているのか。はっきりしないまま、でたらめに抗癌剤するのはもう効果あるか、ないか、関係ないでしょうか。困った世の中です。

抗癌剤の副作用は癌細胞を抑えることなく、また再発、転移となる。それから、腹水が発生するのです。抗癌剤を含めて化学薬品は体内に入ると、四つ副作用が発生します。

でも、現代の医師の心は副作用とも気にしない効果あっても、なくても、関係ないことをしているだけ。

1.全身臓器が炎症を起こす。肝炎も発作なる。
2.全身むくみなり、癌の末期に腹水も発症する。
3.全身足腰、痛み発生する。腰痛、背中痛。
4.全身むくみとも発生する。

こんな悪い化学薬の副作用あふれるので、誰か医療を化学薬使用すること教えたのは罪人です。今の患者本人は自己防衛しかないです。こんな悪い医療なら、100年後人間が自然滅びます。

 

蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム