21世紀の世の中は………?

21世紀に入り、世の中はどんどん変わってきました。
すべてが変化してきました。
そしてすべてが悪くなってきました。世の中の99.9%が信用度無しです。

個人個人が自己管理、自己防衛しないと、自分自身もこの世の中に飲み込まれてしまいます…。
何が変わるのか…。

1.世の中に真面目な人間が少なくなった…。
2.世の中には詐欺師が充満している…。
3.すべてが計算の社会になってしまったから、正義と仁義、是と非がない。
もしも正義、正があってもそれはすべて計算のうえです。
4.悪いもの、偽物が社会に充満している…。
5.大量生産の食品フードが人間に害を与えているのに誰も気がつかない…。
6.医薬品、すべての医薬品も病気にはきかないままで国が許可している。
医者も病院も頼りにならない…。自分の健康は自分で防衛するしかない…!
7.役人天国!役人が国の予算を使うだけで、実際には国民のためにはなっていない。
それはいつまで続くのでしょうか?100年200年かもしれません。
8.2015年まで、世界中でまだ何百万人が天災、人災の犠牲になるのでしょう。
9.世の中はもっと困惑してくる…。
良心という言葉の意味が地球の5分の4の人間はわかっていない…。
10.国が税金を乱用すると、国はもっと国民から税金を取る。
結局国民はすべて共産社会になってしまい、個人の発展はもうなくなってしまう…。
11.21世紀になると皮膚病が国民の間に蔓延するでしょう。
特に乾癬とアトピーは全人口の4分の一にのぼります。世の中皮膚病だらけ…。
12.21世紀になると医者はもう患者を診ることはできません。
すべて検査、機械にまかせることになり、これは患者の不幸、国民の不幸です。
13.拝金主義が溢れている社会の中では、すべてのことが計算に走ってしまい
計算の上で成り立つことがほとんどです。計算に走ると人間味はなくなってしまいます。
恋愛も計算、夫婦も計算、警察も計算、医者も計算。
唯一計算を後にするのは、救急消防隊だけです。
14.21世紀になるとほとんど食べすぎ病が多くなります。
内臓炎症、メタボリック症候群、癌、皮膚病。
もちろん肩こり、椎間板ヘルニア、狭窄症、腰痛、坐骨神経痛。

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム