病院とお寺

住職、住医と行医、往診医


昔といっても100年前くらい、主に中国ですが、お寺は大体末期癌、脳梗塞、骨折,事故者の集まる場所となっていました。
現代は病院、老人ホーム、介護病院が、末期癌、脳梗塞、骨折、事故の集まる場所になっています。

要するに、お寺の役割と現代病院の役割は類似しているように思います。
お寺ではその人助けの総司令官が住職で、尼と僧侶は介護人、いわゆるヘルパーです。
行医とは昔、医者がお寺や患者宅に訪問することです。行医がはやっていました。

現代社会は試行錯誤をくり返し、始めは住医、それから家宅訪問医、往診医、また段々と行医に戻ってしまいます。

人間には寿命があり誰でも年齢に対抗できません。
そして医療現場で人間最期の墓場を見ると、いくら医療技術があっても寿命と戦うことはできません。

我々が頑張って体の手当を注意した場合、体の手当に注意しなかった人より善いことが二つあります。
1. 寿命より20年延びる。
2. 天命を全うするにしても、80.90.100歳になっても元気で他人の介護を受けない。
我々が要求しているのは、最期まで介護されないで自力で動き天命を待つことです。
病院にはあまり行かないほうがよいでしょう。そこはあくまでも人間の最後の墓場です。昔のお寺の役目と同じです。
怖いのは天命ではないのに病院に行って、早めに墓場に行くようになったらもったいないことです。
現代の病院の治療は信用できないことが多いのです。

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム