80歳前に死ぬ、急死、突然死の人はどういうことですか?

人間誰でも病気が襲ってくるのはご存じのとうりです。
毎日、生活のために働くことは当たり前のことです。
それ以上に、酒を飲む、付合い、趣味に走る、欲をだすと、2〜3カ月の間に誰でも病気が突然襲ってきます。
要するに、過労、ストレス、休養不足が病気の元凶です。

現在の医療は機械検査が先行し、それが人間社会に入り込み人々を洗脳しています。医師も検査をしないと何も手当できなくなってしまいました。
患者も洗脳により検査に走り、治療の前の検査を前提条件としています。
医学の教育の中で教えているのも事実です。しかし、それはどこに異常があるのかないのかを調べるだけです。

人間の体の病は機械検査よりも誰よりも、先に察知しているのは自分自身なのです。現代人は自分の病気を察知する能力が無くなり麻痺されて、自分の体に何が起こっても分からなくなってしまったのでしょうか
この自分の体の病を先に察知できなかったら、すべて重症の病気につながるのです。だから、人間は60歳以後は必ず病気が発生します。
60歳で病気が発症しても何とか若さでカバーできるし、少し休養すれば緩和されるのです。
60歳以降に病気が襲ってくると大体重症説になり、休養をとっても治せないです。
fig_138.png

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム