口蹄疫の対策U

ワクチンは要りません!!

本来、動物は人間よりも湿疹などになりにくいのです。

理由として、動物には全身、毛がはえて保護されています。

唯一、毛が生えていないところは腹部と四足の蹄の隙間のところです。 

ですから、外部からの侵入よりも、体内の問題と考えます。

体内にホルモン剤、抗生物質、肉骨粉入りの餌を入れすぎると

体内にウィルスがたくさん溜まってきます。

そして、保護されていない隙間から湿疹が出たり、ただれたりするのです。

それが一番多いところが口蹄と腹部なのです。 

自然の通常の動物ならそんなにならないのです。

肉食の動物に餌をやりすぎ、運動もさせない、、、、。

これでは、大体68年毎に口蹄疫が発生するのは当然です。

私の臨床経験では、皮膚病、口蹄疫の患者にインフルエンザなどのワクチン接種した後、

2日間で体中に湿疹が広がり、前よりも悪化してしまいました。

動物にワクチンは無用です。

Dr TSAI

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム