「汚れた血」は「ドロドロ血液」どころではない(メルマガ2013-1-18版)

以前、患者さんの汚血を、ご本人の了承をとってから大阪の血液センターに送ったことが

ありました。汚血の成分を分析してもらおうと考えたのです。成分を調べるのですから、

冷凍するなどして変質しないように細心の注意を払いました。ほどなく大阪の血液センター

から回答が来ました。その内容は次のようなものでした。


「細胞分泌物、脂肪、蛋白、数えきれないほどの毒素やウィルスなどの有害物質、

バクテリアなどが含まれていることがわかりましたが、その他にも相当な種類の雑物が

含まれています。その雑物があまりにも多すぎるため、成分の分析は不可能です。」


東洋医学では、不純物で汚れきってしまった血液のことを「汚血」といいます。これについては

ご存知かもしれませんね。しかし、「汚れてしまった血液」と聞けば、たいていの人が、

単なる「血液ドロドロ」という認識しか抱かないのではないでしょうか。血液の質を表現する

「血液ドロドロ」「血液サラサラ」という言葉は、いまではすっかり定着しました。

一般的に「血液ドロドロ」とは、脂質や糖質、水分不足などで粘度を増やした血液のことを

さしています。粘度の高い血液は、脳梗塞など血管障害につながるということから問題視されて

います。

「血液ドロドロ」を「血液サラサラ」にするためには、アルコールや脂っこい食事を控え、

水分をよくとり、十分な運動をすることなどが奨められています。

しかし、ここでいう汚血とは、「血液ドロドロ」とは異なります。もちろん汚血にも脂肪や

糖質などが含まれますが、その他にも数えきれないほどの不純物が混ざっているのです。

その不純物とは、私たちがもつ体の機能では、とても分解できないようなものばかりです。

DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム