環境ホルモンは排泄されない(メルマガ2013-2-28版)

私たちは、かつてに人類が経験したことのない環境の中で暮らしているといわれています。

そのようにいわれる理由のひとつが環境ホルモンの問題です。全国各地でゴミの分別が

徹底されるようになったのも、環境ホルモンが関係しているからです。

プラスチックなどに含まれる塩化ビニルを焼却すると、環境ホルモンの一種で、

歴史上最大の猛毒とだいわれているダイオキシンが発生します。わずか1グラムで

1万7千人の命を奪うことが可能とされるダイオキシンを、ごみの焼却によって、

発生させるわけにはいきません。

環境ホルモンはダイオキシンの他に70種類以上にもなっています。これらの環境ホルモンは、

さまざまなかたちで私たちの体内に入ってきます。体には不純物を排泄する機能があるの

ですが、環境ホルモンは非常に排泄されにくいという調査結果が出ています。

つまり、体内にどんどんたまる一方なのです。土壌が環境ホルモンに汚染されてしまうと、

そこで育てられた農作物が環境ホルモンに汚染されてしまいます。汚染された土壌に雨が

降れば、環境ホルモンが染みこんだ土から川へ、川から海へと、どんどん流れていき、

今度は海が環境ホルモンに汚染されてしまいます。

体によいからと、野菜をたっぷり、肉よりも魚料理をするように心がけている人もいますが、

その食材の中に環境ホルモンがまったくないとはいいきれません。現在の状況からすれば、

たいていのものに、ごく微量であれ環境ホルモンが含まれていると思ったほうがいいでしょう。

ちなみに環境ホルモンに汚染されていないか定期的な調査はしているようですが、よほどの

高濃度でなければ報道はされません。

 

                                                                       DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム