病気の原理はたったの5つ(メルマガ2013-5-16版)

現代西洋医学は進歩の過程で細分化されてきました。内科、皮膚科、外科、循環器科、眼科、耳鼻咽喉科など、数えきれない科が存在します。具合が悪いのだけれど、どの科に行けばいいのかわからない、といった経験がありませんか?あるいは、内科にかかったのに病気の原因がわからず、よくよく調べていくうちに循環器科の疾患であることがわかった、などということがないでしょうか。このように細分化され、専門化してしまったことにより、かえって病気や病状が数えきれないほどあると錯覚させられます。しかし原理から見てみると、病気の症状は次に挙げる5つだけなのです。

@咳込み

肺に余計な脂肪やタンパク質がたまりすぎ、それが肺の気管支の繊毛に

触れることによって咳が生じます。

A発熱

喉や肺など上半身に汚血がたまりすぎた状態で3か月ほどすると発熱します。

汚泥が沼の底部に沈んでいると上部の水が温まってくるのと同じ原理です。

B疲労

中国では昔から疲労は病気の始まりといわれています。この時点でゆっくり

休養をとれば病気にはなりません。しかし疲労を抱えたままでいると、あらゆる

疾患を引き起こします。

C痛み

中国のことわざに「不通則痛、痛則不通」というものがあるように、

体のどこかにタンパク質の塊がつまって不通になると痛みが発生するのです。

D痒み

体内に悪いタンパク質か化学薬品が入ると、それが痒みの因子となって痒みが生じます。 


                                                                      DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム