NAT針療法は無傷の手術(メルマガ2013-6-20版)

実はNAT針療法が効果的な診療法であることは、現代西洋医学でも証明されているようなものなのです。

以前、現代西洋医学の最大の功は手術だと述べました。手術は、ある症状をもたらしている病気の原因をその部分と共に取り除くというものです。

たとえば、がんの治療法である手術療法です。胃にがんがある場合、がん細胞とその周辺の組織を切除します。肺がんや大腸がん、女性に増えている乳がんにしても同じです。胃にがんがあるために食欲減退や胃痛などの症状が出るわけですが、その症状をもたらしている病気の原因そのものを手術によって取り除くことで、解決しようというのが手術です。

それに対しNAT針療法は、「無傷外科手術」ともいい、さまざまな病気の原因である汚血を取り除く治療法です。

どちらも病気の原因そのものにアプローチしているという点では、まったく同じであり、ただ方法がちがっているというだけです。

すでに述べているように、薬は症状を抑え込むだけで、病気そのものを治療しているわけではありません。多くの患者さんが、「薬を飲んで様子を見ましょう」といわれると「手術をせずに済んだ」と安心しますが、本当のところは「手術ができないから、とにかく薬でらくになったと感じられるようにしておこう」ということなのです。

ちなみに、手術療法は現代西洋医学の治療法の中で、唯一、病気を完治することのできる方法です。現代医学の手術療法だけが病気を完治させるという事実は、病気の原因を取り除くNAT針療法が理にかなった方法であることを裏付けているようなものなのです。

                                                                      DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム