運動についての正しい見解(メルマガ2013-6-27版)

生物も動物もすべての生き物は、人と同じように、産まれてから死ぬまで動き回らないとならない。生きるために動く。この言葉を中国語では、「活動」といいます。生きたいから動くという意味です。人間は生きるために、何としても動かないといけないのです。これは、上手く生きるための鉄則です。

今の現代人は、上手く生きる、元気で生きるためには、必ず運動をやらなければならないと考えているようです。しかし、これは錯覚で行きすぎた考えです。どういうわけか、現代人は、運動が一番健康を保つ要素であると思い込んでいる節があります。実は、運動と仕事は同じと考えてください。よく仕事をする=よく運動をする。両方とも体力を消耗し、体もきつくなるのです。ですから、運動と仕事を別々に考えることは間違っているのです。
運動をするならば仕事を少々軽減して、仕事をするなら運動を少々軽減する必要があります。特に注意をしてもらいたいのは、仕事の後に激しい運動をする人、運動の後に仕事を徹夜まで。これらは命を取ります。運動と仕事は同一のものです。両方を取ることは健康に悪いのです。要するに、よく休んでから運動をしてください。よく休んでから仕事をしてください。

仕事もよくやる、運動もよくやる人は、そんなに甘いものではありません。

それは、命取りの運動になります。 

 

                                                                      DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム