癌についての正しい知識と見解(メルマガ2013-7-11版)

40歳以上の人間は皆、癌に対して恐怖よりも怖い方が大きいと思います。

癌は人間に襲って、総人間の80%は必ず癌になります。結局、人間は生きて

いくうちには、必ず成長すると同時に癌が発生します。

30年前、私の産婦人科の教授が「女性の子宮と卵巣をとってしまえば、もう子宮癌、

卵巣癌はない」、あるとしたら胃、肺、肝に走る。だから、産婦人科の治療方針は、

30歳以上の女性なら、子宮と卵巣はもういらない、取ってしまえばよいということ

です。胃癌の専門をやっている教授は、胃をとってしまえば、もう胃癌がなくなる。

残りは大腸癌、肝癌、肺癌しかありません。でも肝、大腸もとってしまえば、絶対

肝癌と大腸癌にはならないはず。この考え方でよいでしょうか? 結局人間が先に

死んでしまいます。

これらのことを考えれば、人間の体のどこかに、癌が発生するメカニズムと癌になる

仕組みが潜んでいるかもしれません。大元のところを摘発しないかぎり、枝の癌ばかり

をとっても意味ないでしょう。だから、胃癌をとったら、三年内に肺か大腸に転移します。

それはすべて大元のことをつかめないで、枝ばかりをつかむ。それは、命が縮むだけです。

 

DrTSAIが臨床、研究をやっている内に発覚したのは、癌因子と汚血環境の関係。

わかったのは、汚血があるから癌細胞が成長する。汚血が、癌細胞の温床。

癌が住み心地よいのは、汚血です。体内の汚血を整理清掃すれば、癌細胞も住めなくなる。

癌も成長できないのです。だから胃をとる、子宮をとる、やり方ではなくて、癌細胞の

温床をとれば、癌細胞は全滅するのではないか。癌も転移力もなくなる。

だから、汚血をとることは最高の癌治療法です。

 

                                                                      DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム