60歳以上の睡眠障害の三現象(メルマガ2013-7-25版)

@なかなか入眠できない
A夜中に目がさめる。何回も尿にいく
B熟睡できない

世間の統計では、60歳以上の男性は10人に1人、女性は6人に1人が睡眠障害である。

実に、蔡クリニック統計では、年をとってもよく眠れる人(床に入って3分で入眠する人)は、

大体健康で90歳までは容易である。なかなか睡眠がとれない人は、88歳までは精いっぱいで、

しかもいろんな病気が発生している。

*睡眠障害のための三要素*

@不安、心配、何か心に残る
A肉体的疲労たりない(運動を含む)
B睡眠の環境を備えていない。良い環境とは温度20度前後。

 周囲に邪魔な物がない。要するに涼しい環境が必要

〜以上三要素を克服することは入眠の先決条件です。〜

良い睡眠の三条件(蔡クリニックの臨床結果による)
@夕方になると大きいあくびをする
A夜中に寝ていると唾液が出る
B爆睡をして、目が覚めてもどこに寝ていたかがわからなくなる。

この上質な最高の睡眠を得るために、蔡クリニックでは既に、研究成果をだしました。

天然伽羅油をなめるだけで、毎日良い睡眠が得られるのです。

興味のある方は、DrTSAIと相談してください。 

                                                                      DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム