水虫の正しい知識と見解(メルマガ2013-8-1版)

水虫は、中国では香港脚と言われています。

50年前の香港には、産業発展のため、大量の中国人労働者が香港に出稼ぎに来て、

毎日朝6時から出かけて働く働く。昼は30分休み、そして夜10時まで働く。

食生活は、冷凍食品、カップラーメン、缶詰の肉魚だけ、あまり野菜、果物を

食べない生活が続く。運動、リラックスもなし。時間があれば、家に帰って寝るだけ。

それ以外は労働だけ。この生活を続けて半年、1年、2年も経つと、80%の人は、

体内毒素が溜りすぎて、そのリンパ液と毒素ウィルスが二足の指の隙間に汁として

出てくるのです。このような風景は、日本も戦後20年時代よく見られました。

人々の両足の指の隙間に汁としての毒素が出てしまい、体内毒素が足指の隙間に

出てくることを水虫というのです。中国では、香港人に多発したため、香港脚と

いうのです。実際は同じものです。名前が違うだけ。すべて体内の毒素が体外に

自然に出ている状態です。この水虫でも香港脚でも、けっして外からの真菌類のために

水虫になってしまうことはありません。

すべて体内の悪因子、毒素からなるものです。現代医療で、水虫は体外の真菌が

作った病気と考えていることが間違いなのです。

これが現代医療の盲点と落とし穴です。


                                                                     DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム