誰もが病気の因子を持っている(メルマガ2013-8-15版)

私たちは生まれてから死ぬまでの間に、さまざまな病気にかかります。風邪やインフルエンザ、はしか、ノロウィルスによる急性胃腸炎、結膜炎や中耳炎、さまざまな皮膚炎、関節炎など、数え上げたらきりがありません。

これらの病気の因子は、生まれたときからすでに持っているものを考えられます。つまり、私たち人間は病気の種を持って生まれてきていて、ある条件が整うと病気の種が発芽して、発病ということになるのです。

このメカニズムが最もわかりやすいのががんです。そもそもがん因子は誰もが持っているものだと思っていいのです。健康な人でも1日に6000個ほどのがん細胞が発生していることもわかっています。しかし、がんが発症する人としない人が存在します。がん因子が活動をはじめると細胞化して異常増殖を起こします。それが病巣となるほど大きく増殖してしまうのは、発がん性物質などがんの引き金となる物質が体内に入り込んでしまい、免疫機能など、がんの発生、増殖を抑制する働きが低下するためです。

「発がん性物質」とは、前でお話しした汚血の原因となる毒素のなかのひとつです。
上のイラストで説明するように、放射線や煙草などといった発がん性物質が体内に入り込み、汚血として蓄積されていきます。蓄積され続けていくうち、ある時点で、生まれついて持っている発がん因子が動き出し、細胞が異常繁殖をしてがんになってしまうのです。

コップの中に少しずつ水滴を落としていくと、しまいにはついにあふれてしまいますね。がん因子が動き出すのも、これとよく似ています。「毒素=水」が「コップ=体」に入り続け、汚血がたまりにたまっていき、ついには病気となって発症するというわけです。

 


                                                                     DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム