からだが重くなる原因(メルマガ2013-9-5版)

 仕事で忙しくて、ろくに睡眠もとれないようなことが続くと、誰でも疲れてくるものです。やらなければならないことが山積みになっていると、かなりのストレスもかかるので、精神的にも疲労してしまいます。このような疲れはジョギングやテニスなど運動をした際の疲労感とは、かなりちがっているはずです。運動による疲れは爽快感があり、むしろ体が軽くなるような感じがするものです。しかし、睡眠不足や仕事のしすぎによる疲れというのは、体が重く感じられるのではないでしょうか。
 睡眠不足やストレスは汚血をため込む原因となります。体が重いな、と感じ始めたときというのは、疲労の始まりであると同時に汚血がたまり始めていると受け止めて差し支えありません。
 慢性的な疲労を抱えた状態が続くと、まず内臓に汚血がたまり始めます。ここでゆっくり休養を取って疲労を回復することができればいいのですが、多くの人が「忙しいから仕方ない」といってそのまま放置してしまいます。
 それどころか、「ストレス発散のため」といって、居酒屋で高カロリーな食べ物を食べたり、お酒をたくさん飲んだりしてしまいます。食べたい物を好きなだけ食べると心は満足しますが、食べ物を消化・分解する内臓は必死に働き、疲れてしまいます。
 こうなると疲労と過食とストレスの三重苦になり、汚血はますますたまっていってしまいます。すると今度は体表部にも汚血が蓄積していきます。つまり、最初は内臓にたまり、その次に体表部にもたまっていくということです。内臓に汚血がたまりはじめるのは、かつては50歳くらいからだったのが、最近では40歳ですでにたまっています。それどころか、25歳前後でもずいぶんたまっている人もめずらしくなくなってきました。
なんとなくやる気が出なかったり、常にストレスや疲労感を感じる人は、内臓に汚血がたまっていることを疑ってみるべきです

 毛細血管は細く血流が渋滞しやすいため、ゼリーかレバーのような汚血はさらにたまりやすい。また、汚血は体表の背中にたまりやすいため、肩こりや腰痛が起きる。 


                                                                     DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム