背中には汚血のタンクがある(メルマガ2013-9-25版)

 体表部の汚血がたまっていく場所は、毛細血管と細胞の間です。つまり血管内ではないのです。血管を流れていない血液があるなんて、と不思議に思われるかもしれませんね。しかし、「ドロドロ血液」は、ドロドロであろうと、とりあえずは「流れている血液」です。

 それに対して汚血はゼリーかレバーのような塊で流れるどころではありません。もちろん通常の血液のように栄養や酸素を運んだりすることもなく、いっさい体の維持に役立っていません。体表近くの毛細血管は、それぞれが体の中心部にある太い血管とつながっています。しかし、その毛細血管同士は、直接にはつながっていません。そのため血液は体の中心にある太い血管と体表部の毛細血管との間を相互に循環しますが、毛細血管と毛細血管の間を循環することはないのです。いわば縦のつながりによる流ればかりで、横のつながりによる流れはないということです。

 そのため汚血は細くて血液が渋滞しやすい毛細血管が集中した体表近くにたまってしまうというわけです。体表の中でも最もたまりやすいのは背中です。背中には汚血のタンクがあるといっていいのです。汚血が最も多くたまっている場所は、両脇下、頸椎の第一骨から第七骨、肩甲骨の周辺、肩甲骨と胸椎の間、腰椎の両側と骨盤の内側です。よく肩がこるという言い方をしますね。肩こりがある人は、肩から首周辺、頸椎のあたりに、特に汚血がたまっています。

 同じように腰痛のある人は腰周辺に汚血がたまっています。今や肩こりや腰痛のない人を探す方が難しい状況ですが、このことからも背中に汚血がたまっていることがよくわかるのではないでしょうか。

 

                                                                     DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム