生まれつき弱いところに注意(メルマガ2013-10-3版)

 人は誰でも生まれ持った体質があります。
 風邪をひきやすいとか胃腸の調子を崩しやすいなど、それぞれ弱いところがあるのもそのためです。病気には先天的な要素を後天的な要素があります。汚血は遺伝的な要素の強い先天的な部分に作用します。どこにたまるかは後天的な要素と言えます。つまり、汚血は生まれつき弱いところに作用しやすいため、胃が弱い人は汚血がたまると胃の病気に、気管支が弱い人はぜんそくや気管支炎になったりするのです。また、どこにたまるか、どれだけたまるかは後天的な要素といえます。
すでに述べたように、汚血は背中を中心とした体表部にたまっていきます。しかし背中の汚血タンク以外の部分にもたまるのです。
 汚血がたまっていくと、そのたまっている部分がしこりのようになり、痛みが生じるようになります。肩こりを例に取るとわかりやすいかもしれません。肩こりは血行が悪化して、肩周辺の筋肉に乳酸がたまることによって起こります。乳酸はエネルギーを消費するときに発生する物質で、代謝が悪くなると排出されずに大量に筋肉に残留し、疲労感を招きます。
 しかし、それ以前に汚血もその部分により多くたまっていたのです。汚血がたまることによって血行が悪化し、肩周辺の筋肉に乳酸がたまって痛みが生じるのです。
同じことが胃の周辺で起これば胃炎などの内臓疾患になりますし、腸の近くで生じれば下痢や便秘、ひどい場合には大腸炎や大腸がんなどの病気が発症するのです。
 毎年2月ごろになると花粉症になる人がいますが、そのような人の場合、顔の鼻周辺、頬などに汚血がたまっています。花粉症や鼻炎はNAT針灸を背中と同時に頬にも施すと、3〜4回で症状がなくなってしまいます。
皮膚病の場合も同じで、皮膚炎が起きているところは汚血もたまっています。その患部から直接汚血を取ると、めざましい回復します。

 

                                                                     DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム