汚血がたまらない人は肌もツヤツヤ(メルマガ2013-10-10版)

 アンチエイジング(抗加齢)という言葉が使われるようになって久しくなります。
 今や化粧品や健康食品、サプリメントなど、実に多くのものに「アンチエイジング効果」がうたわれていますね。食材にしても、テレビ番組などで「○○には素晴らしいアンチエイジング効果がある」などと放送されれば、翌日にはスーパーで売り切れが続出するということもめずらしくありません。何をどうすればお肌に若々しいハリとツヤが戻るかということは、すべての女性の関心事ですし、近ごろでは男性でも気にする人がでてきています。
 これほど多くの人を悩ませているシミやしわ、くすみなどといった肌の老化現象も汚血が原因となっています。
 汚血は体表面にたまっていくと述べましたね。体表面、つまり肌のすぐ近くにある毛細血管と細胞の間に汚血があるのです。年齢と共に汚血がたまっていけば、必然的に重量が増していきます。その重さが「肌のたるみ」として表れてきます。薄い皮膚にゼリー状の物質がたっぷりとくっついてしまっているのを想像してみてください。それではハリがなくなってしまうのも当たり前ですね。このたるみがさらにひどくなっていけば、あちこちにしわも生じます。
 もちろんツヤも失われます。ピンと張っている布と、だらりとたるませた布とでは、目に見えるツヤにちがいが出るのと同じです。もちろん肌そのもののツヤも失われますし、透明感もなくなっています。汚血というのは肌に必要な酸素も栄養素も運んではくれません。そんな状態では健康的なツヤのある肌を保てるわけがないからです。年々くすみがひどくなる、シミが濃くなった、しわが増えるということも、同じ理由です。
酸素や栄養素が届かなくなればなるほど、肌の新陳代謝は低下していきます。
 十代のころなら日やけをしてもすぐに元通り白くなるし、シミもできません。これは汚血がたまらないため肌の新陳代謝が活発で、古くなった角質をどんどん剥がして、みずみずしく美しい真皮を表に出すことができるからです。

 


                                                                     DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム