人間の病気は化学薬品を飲み続けたら、死ぬまで治りません(メルマガ2013-11-21版)

 最後は癌化になり、死ぬ。化学薬品を人間の病気に利用したのは、最近の200年です。近世200年以前は、化学薬品を一切使っておりません。世界中の白人、黒人、黄色人種とも、化学薬品を飲まないで病気は治っていたのです。 

 それはどういうわけですか?

 薬草が効いているのか、何かを飲んで役に立つのか、実際は、すべてウソの話です。化学薬品使用する前と使用後の現在とも、病気は治っていません。唯一治っている理由は、家での休養だけです。現代は、入院して休養しているわけです。点滴で治るとか、薬で治るとか、すべてウソの話です。化学薬品と薬草で唯一治せるのは、解熱剤だけ。人間の99.99%は、ほとんど馬鹿だから、熱を下げるアスピリンを使ったら、熱が下がったと思う。それから、化学薬品はどんどん発展し、すべての病気を治そうとしているわけです。でもDr.TSAIが臨床してみたら、すべての薬草、漢方薬と化学薬品で治せるのは解熱だけで、これは本物。あとの病気に出している薬はすべて効果なし。
 
 医師は、自分が治したと思うが、実際は、いざというとき一旦病気になったら、すべての漢方薬、薬草、化学薬品を全部飲んでも効果がありません。このことをよく理解するべきです。だから、馬鹿な人間は、馬鹿についていくと最後は皆途方に暮れて、仕方ないまま、この世を悔しく去ってしまう。

 化学薬品と漢方薬草が病気に効くのは、解熱だけです。それを錯覚して、すべての病気を治せると思いこんでしまう。これは人類歴史上、人間の健康にずっと害を犯すのです。


                                                                        DrTSAI〜

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム