汚血は自力で俳泄できない(メルマガ2014-2-21版)

 汚血がどれだけ健康と美容に悪影響を与え、生活の質を落としてしまうか、だいたいおわかりいただけたと思います。


 「これからは汚血をためないような生活をしよう」と思っている方もいらっしゃることでしょう。それはたいへん良いことです。ぜひ今からでも、できるだけ汚血をため込まないような生活に切り替えてください。


 では、これまでため続けてしまった汚血はどうしたらいいでしょうか。
 人間には生まれつき毒素を俳泄する機能が備わっています。
 「デトックス」の概念も浸透したこの頃では、テトックス効果のあるハーブなどもあります。しかし、人間のデトックス機能で俳泄できるのは、体内の無駄な水分や老廃物、一部の分解しやすい毒素に限られています。


 残念ながら汚血は自力で俳泄することはできません。
 汚血は体表近くの毛細血管と細胞の間にたまり、ドロドロを通り越してゼリーやレバーのような塊状になっているためです。他の体内毒素のように、血液やリンパ液の流れにのせて俳泄器官へと運びこみ、体外へと出すということができないのです。


 私がなんとしても汚血を除去する方法を考え出さなければならないと決意したのもそのためです。万病一毒論まで行き着いたとしても、「では、それをどうやって解決するのか」ということを考え出し、実行できなければ、何の意味もありません。

蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム