癢みの病理と正しい対処法(メルマガ2014-4-10版)

 人間生きる歴史の中には癢みは99%がついてくるのです。癢みがあるから、人間は何とか生きるのです。文明とともに痒みが増えてくるのは当たり前のことです。21世紀には全人類の中に80%癢みがあると言っても過言ではない。現代医療では癢みに対しての治療法はなく、むしろ現代医療の治療をうけると、うけるほど癢みが悪化するのは現実です。現代医療が癢みに対してむしろ手上げ、しかも力がない、バカな患者が現代大学病院にうけるとうけるほど、癢みが悪化する。それも現実です。

 要するに現代医療の解析に癢みがまったくわかりません。中国5000年の医療史の中には癢みが解明されています。要するに人間が文明発達によって、養うが多すぎる。養生の養です。実に養は美食の簡略字です。美食があるから、養うと言います。養いすぎると病気が発生すると、病へん+養によって、癢みの字は書けるのです。だから、美食を食べすぎて病気になったら、痒みが発生するのです。

 日本人は「癢み」の字を「痒み」と書き換えています。だから、羊肉を食べすぎても痒みになるのです。ゆえに羊肉と美食は最高のもてなしでしょう。だからこれで中国医学の中に痒みのメカニズムが解明しました。
ゆえにその対処法はまず食事から
 @ 牛骨、豚骨、鳥ガラスープを飲まない
 A 魚卵、内臓、白子を食べない
 B その他、こってり、脂っぽいものを食べない
 あとは蔡先生のNAT針灸と針吸療法をうけること

                           
蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム