龍虎73歳の急死について(メルマガ2014-9-4版)

 「急死する人の99.99%は、自分の体に支障があるということを察知できない人です。」いつも私が言っている言葉です。どこかに支障がでていたに違いありません。
 60歳以上になると、何時、病気を発症してもおかしくないのです。もっと厳しくいうと、死んでもおかしくはない。

 この60歳以降のことを事前に察知できない自分、事前に察知できない医師、まだ若い人と同じように走ると、絶対に若い人よりも早めに倒れ、病気になり、地獄に行きます。

 人間の体は、息が止まったらイコール死、心臓が止まったら即死です。脳幹出血も一発で、心臓と呼吸を止めます。
 脳幹出血、心臓まひ、体がしんどくて息切れ、ちょっと無理をすると龍虎のように、心臓まひになり呼吸が止まるのです。

 だから私はいつも70歳前後の人に言っていることは、「無理をしないこと、若くないので、海外旅行を3カ月して帰国したら、大体90%の人が、6か月以内に病気になる。」
 理由は、3カ月の海外旅行をするということは、実は3ケ月休んでいないということ。充分な休息を取らない人が多い。また、持病もちのひとは、持病が爆発する、癌の種子を持っている人は、この癌の芽が出て、入院となり6カ月以内で死すことになる。

 現代病院でも、70歳以上の患者の手当てと治療はできません。ただ、一杯点滴をし、化学薬品を飲ませることは、即死につながるのです。

 これを予防するためには、NAT針療法を早めに受け、常に心身ともにケアすることです。

蔡院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム