実は、私も全身皮膚病になってしまった V(メルマガ2014-10-02版)

 1年前の鼠径手術の後遺症が、今頃でてくるとは、、、。
 前回書いたように、最初はあの手術の後の周囲、いわゆる下腹部を中心に局部なども、湿疹、水泡が次から次に発生。約2ヶ月以上。周囲の皮膚は茶色から、茶黒に変色していきました。アトピー患者さんたちが、ステロイドなどの塗布剤を皮膚に塗り、このように茶黒くなっているのをよく見ていますが、もちろん、私は一切の軟膏、クリームは使ったことがなく、とにかく、皮膚に外部から塗布することは、お風呂の水以外にはありません。
私は、自分が開発研究してきた皮膚病治療を信じて、このNAT針療法を続けました。
あまりに多くの水泡、湿疹で、毎日2~3回の治療。痛いとか言っておれません。はっきりいって、自分でもパニックになりそうでした。
 周囲にいる知人の医師は、好意でしょうが、塗布剤などをくれました。一般的なことなので、お礼をいい、受け取りましたが、やはり、一般の医師だなと。
 その一般的な治療を受けて、ひどく悪化して、当蔡内科皮膚科クリニックに来ている患者を数万人もみてきた私です。
 患者の苦しみを私も実感したのです。

蔡院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム