実は、私も全身皮膚病になってしまった W(メルマガ2014-10-09版)

 5.6月頃 発祥の局部、周囲は大分おさまってきました。
 が、だんだん、腹部、背中に広がってきました。まるで、乾癬、アトピーのようです。症状は、痛みと痒みです。
食事もお粥中心のローフードです。しかし、汚血除去術を、毎日2〜3回受けている私は、(通常の人には、大変きついし、無理だと思います)、貧血の心配が浮上します。
 補血のために、鉄剤の処方がありますが、もちろん私は拒否。
 食事でと思い、時々、補血に一番早い物、レバー、牛肉、まぐろの赤身、野菜果物と共にいろいろ食べました。確かにその時は、元気になります。一時的です。ですから、治療を毎日するので、たくさん食べたほうが良いと思い、そのようなこともしました。
 大体、食べたものが力になるのは、2〜3日後のようです。
 しかし、私はもう、そろそろ70歳です。そして、もはや、病人となった私は治療のみで、自力での運動はできません。たくさん食べたものは、かえって体に残り、痒みが増し、皮膚病を悪化させます。
 皮膚病は、放射線状に広がっていきました。70年間の毒素が噴出してきたようです。
 また、ローフードで鉄分の多い食材、小松菜、ホウレンソウ、プルーン云々、漢方系、など食しますが、間に合いません。
 では、治療を控えたらというと、あの痛み、痒みで夜は眠れない、もちろん仕事、普段の生活に支障をきたします。私は、10年以上前に交通事故にあいましたが、それでも、仕事を休んだことはありません。動きながら、治療をしながら、治していくのです。

蔡院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム