65歳以降には、誰でも体に支障が出てくる時期です(メルマガ2018-11-1版)

この年齢からは、体の調養と処理方が一番大事です。90歳まで健康で元気で生きる基本知識を教えます


人間はせいぜい100年の寿命ですが、もしも65歳前に大病で死ななかったら、65歳以降の体の特別要注意点を皆様に教えたい。老後の健康のために、65年も生きて使っている体には、もうどこか必ず支障が出る確率が99.99%あります。だから、65歳からの生き方が肝心です。65歳前は、一生懸命働く人がほとんどです。成功している人、普通に生活している人、貧乏で生活している人、それぞれあります。でも人間の体は、成功している人、失敗している人とも関係なく、体は徐々に病魔に浸潤される。これはあなたが大企業家、大金持ち、普通の人、貧乏人とも関係なく病魔が浸潤してくるのです。だから、人間が幸せになるか惨めになるか、65歳以降の健康に左右されるのです。


私も臨床40年間で50万人、全世界の大学病院で治せない難病を治しているのです。だから、いろんな難病を診てきました。だから、一番大きな問題は、65歳以降に体の痛みが徐々に発しはじめることです。老人性掻痒症もよく発生します。その他、食欲不振、自由自在に歩けない。頭脳の反応も鈍くなる。とにかく老人の病気が集まってくるのです。私の臨床経験から、毎月1回の体内汚血毒血排除は、あなたを若くし痛みもとれる。体の心肺呼吸、息切れとも解決できる。この方法は、一番、最高の治療法です。次に、化学薬は、一切服用するのをやめてほしい。化学薬はすべて病気を治せる力がありません。むしろ体を浸潤するのです。

とにかく65歳以降の健康と病気の付き合い方が肝心です。現代医療の化学薬は信用できません。

 

蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム