頭痛、背中痛、腰痛の最良な治し方(メルマガ2018-11-22版)

 すべての人間は、生活のためによく働く、仕事をする、よく遊ぶことを誰でも免れない。一番に来る体の不調は、@頭痛A背中痛B腰痛三つあります。この三つは、人間の病気の始まりの三大症状です。この三つの病を解析しますと、すべてわかるようになるのです。


 1. 頭痛:頭の中に存在しているのは脳です。脳は人間の精神、肉体の動きを支配している総司令部です。だから、人間の体、心身ともに支障し始めるときの症状は頭痛です。もちろん頭痛の分類も一杯ありますが、脳出血、梗塞の一番初めの状態は頭痛です。もちろん脳出血、脳梗塞は最後の病です。ゆえに、最初にある頭痛は一つの赤信号です。もうこれ以上無理に仕事するのはほどほどにして、変えていくほうがよいのです。でも人間は生活のため、いろんな事情のため、無理やりに働くことをやめられない。休養もとれないことがよくあるのです。若い時は、すぐに脳出血、脳梗塞がなくても、頭痛が続くしかありません。私の発明した脳内汚血を掃除する方法で、30年、40年の頭痛の人が2カ月ですっかり治りました。現代医療は頭痛に対して妄想しすぎる。解決方法がないでたらめな検査ばかり、ちっとも役に立ちません。だから、脳内汚血をとればよい。


 2. 背中痛、腰痛があるときは、重い内臓病が隠れているのです。要注意。背中痛と腰痛は、普通55歳から発生することが多いが、最近の患者をみると、その発生年齢は早まっている。43歳前後からもう背中痛、腰痛が発生します。背中と腰ともその背景は、人間の内臓が存在している。だから、この五臓六腑に何か支障があるときに、一番出現する痛みは背中痛と腰痛です。だから、この背中痛と腰痛があるときは、将来65歳以降には重い病気、癌が待っていると思います。40代、50代に腰痛と背中痛があったら、これは内臓汚血によるものです。化学薬品は絶対に効かないのです。化学薬を飲むとかえって、もっと重い病気が発生するのです。だから、早めに内臓汚血をとることが、一番最良の治療法です。

 

蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム