体内の汚血がすべての病気の発生源となる(メルマガ2019-2-7版)

 まず人間が生きていくのは絶対生活のゴミ、汚血がたまるのです。ここでよい分析をして臨床治療に役立つような研究を発表します。まず汚血の分類が三つに分かれている。


1. 若い汚血大体30歳〜45歳までの汚血を指しています。この若い汚血が悪い病気、癌を起こさない。一般的な風邪、インフルエンザが多いです。その他肩こり、疲れとも発生する。
2. 成人汚血、大体は45歳〜55歳までの汚血、ある程度成長した汚血です。これらの汚血が大体中症程度の病気、たとえば細胞破壊、B、C型肝炎、狭心発作、重度疲れ、多発性関節炎、膠原病などです。
3. 古い長期蓄積した汚血50歳〜70歳までの長期汚血を言うのです。この古い汚血が蓄積して一旦爆発したら大体癌なるのです。それで心筋梗塞、脳梗塞、痴呆症、認知症、慢性閉塞性心肺症候群、腸閉塞、肝癌、内臓癌となるのです。


 だから、この汚血の認識を早めに自覚したら、あなたは重い病気にならない。1908年ロシアの生理学者ノーベル賞者の理論は「長期蓄積した毒血汚血が一旦爆発したらそれは癌です」だから、東京の蔡クリニックもうすでに40年間この汚血の掃除術をやっているので、すでにアトピー、アレルギー乾癬、湿疹、全身疼痛、腰痛、背部痛、坐骨神経痛、手足関節痛とも治していくのです。これは薬なしで確実に治すのです。信用できます。

 

蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム