一旦病魔が襲ってきたら、誰も戦うことができない(メルマガ2019-2-14版)

 一旦病魔が襲ってきたら、全世界の医師誰一人も、戦うことができないのは真実です


 小さいときから、いつもおじいちゃんの話を聞いてわかる事は、一旦病魔が襲ってきたら、どの病院に行っても勝つことができません。医師になって、大学病院でいろんな癌患者の治療を見て、やっぱしおじいちゃんの言うことと同様、いろんな治療をしても、助かる患者はほとんどいません。唯一わかるのは3カ月、6か月、1年、2年で死亡する差だけです。これでわかる事は、病魔と戦うことはできないわけです。皆様が、普段からやっているいろんな健康法、いろんな予防法、それぞれ何百何千種類もある。これはいいではないか。ただ、いろんな化学薬品といろんな先端医療はしないほうが一番の予防法、健康法ではないか。


 とにかく過労しない、よく休養することが一番の予防、健康法ではないか。


 世間にはいろんな予防健康法といろんな治療法があるが、臨床上の経験から結論を出すのは下記の通り

1.よりよい療養生活が必要
2.化学薬と先端医療IPS、ES幹細胞、臍帯血法、すべて禁忌です。なるべくしないほうが長生きする。
3.もちろんよく休養すること、過労しないこと、これが定番です。
4.生きているうちに生活のゴミを掃除する。すなわち女性みたいに毎月1回の生理が健康です。だから、毎月1回の汚血をとることが大切ではないか。
5.中国の崑崙山道家昔から伝わってきた漢方薬の煉丹術で作られた仙丹が生命を延ばすには役に立つと思います。
6.人間の生きる目安は下記の4点を達成すること
@何歳になっても食べられる。五臓六腑が若返り証拠
A何歳になっても酒が飲める。これは五臓六腑の機能が良い証拠
B何歳になってもよく熟睡できる。よだれがでる睡眠が一番よい
C何歳になってもよく遊べる。すなわちよく行動できる、よく動ける、これは足腰とも支障ないこと

以上の6点は病気しないことの一番よいではないか。

 

蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム