花粉症の正しい治療法を認識するべきです

花粉症の症状は下記の三種
1. くしゃみ
2. 鼻水
3. 鼻づまり


 花粉症の木の花粉は、病気を起こす基本の原因ではなく、花粉は、コショウのように刺激粉と同じ、ただの花粉症を起こすきっかけにすぎません。今までの医師会と世間のテレビ等のメディアなどの錯覚で花粉のせいと思ったのです。


 花粉症の問題点は、鼻と鼻のまわりの顔面空洞にあります。正しい見解は、頭と顔に溜まっている汚血が、すでに鼻の内部と鼻の周りの空洞に充満していることにより、鼻の外に出したい汚血を体外に出すことで、くしゃみも一種の表現です。一回のくしゃみで、たくさんの汚血が体外に噴出しているのです。だから、くしゃみということは、基本の原理に基づく症状です。鼻水も同じように、鼻の中にある汚血が、水分が多いので、鼻水として体外に流れていくのです。鼻づまりは、鼻の奥に硬い汚血と、鼻のまわりの空洞がすでに硬い多量の汚血が溜まっているので、くしゃみもできない、鼻水もできない、鼻が汚血でつまっているのです。この汚血は、化学薬品、肉魚内臓脂肪などを食べ過ぎて、鼻に蓄積した汚血です。ゆえに、鼻のまわりの汚血をとれば、治るのです。

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム