間質性肺炎と気管支喘息(メルマガ2020-1-22版)

間質性肺炎と気管支喘息の苦しさは、すべて化学薬品の累積と外科手術で使われたプラスチックポリプロピレンの薬害です
1. 間質性肺炎、気管支喘息の症状は
 @ 息切れ
 A 呼吸困難
 B 咳き込み、痰なし
 C 息苦しい
 D 体力がかなり低下
2. 間質性肺炎、気管支喘息の原因は、上胸部肺と心臓周囲の結合組織と肺気管支に何らかの異物汚血が累積して、肺の動きと心臓の動きを圧迫して、息切れ、呼吸困難、息苦しい症状が厳しくでるので、これがそのまま続いて長期になると、呼吸不全か、心停止で死亡するのです。
3. その累積した異物汚血の内容物は
 @ 化学薬品の長期服用による
 A 外科手術に使われたプラスチックポリプロピレンの充満による
 B 長期腐った冷凍魚、肉の食べすぎによる
4. 間質性肺炎と気管支喘息の治療法は、薬がない。ステロイドの服用が大量になると、悪化するに決まっている。
 だから、唯一の治療法は、上胸部、肺と心臓の前面と後面の異物汚血を、NAT針療法で掃除することで確実に治していくのです。もう40年間の臨床済です。


蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム