肺炎を正しく認識したほうがよい(メルマガ2020-5-9版)

1.感染経路不明
2.海外からの帰国者

この二つの理由にこだわらないほうが正解。

こればかりを絞ると、いつまでも肺炎迷路に入って、出口がないのです。


真の肺炎の認識は、すべて人々の体内にあるウィルスの量によって決まるのです。この体内ウィルスはすべて毎日人々が食べている牛、豚、鳥、魚の肉によるものです。もしも週に2回大魚大肉を食べるなら、2カ月で肺炎を発症するに決まる。だから、若い人20代、30代は、ハンバーグ、鳥唐揚げ、牛ステーキを食べすぎると、体内に肉類による肉食中毒でウィルスになるのです。これは、一番本当の肺炎発作の理由です。慢性多量肉食べすぎによる肉食中毒です。


予防策は


1.毎日の食事を野菜中心、野菜8肉2か、野菜7肉3かのほうが安全です。ウィルスの発生もすくなくなる。すなわち粗茶淡飯の日本料理がよい。誰でも肺炎発症しない。
2.不眠不休で働かない、過労、過忙で働かない、昼夜働くのをやめてほしい。よく休むこと、よく睡眠をとること、ごく普通の生活スタイルがよい。

 

蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム