ワクチンも一種の異物です(メルマガ2020-12-10版)

ワクチンも一種の異物ですので、この異物を体に打たれると、異物アレルギー現象が発生するのは当たり前です。


ただ、ワクチンの開発にしても、mRNA、中和抗体などの免疫T-cell、B-cellの理論妄想ばかりで、本当の製造過程どうなのか。でたらめに濃度が薄くて、製造力、水に近い濃度でもワクチンと言える。それでこの薬品濃度が低ければ低いほど、アレルギー反応が少なくなる。

 

とにかく科学者研究者とも、現実は、ワクチンを作るという免疫理論を使って、妄想で作るだけ。異物反応を起こさないのは、ワクチンの濃度が水に近ければで、安全性99%でも、これも一つの詐欺手法です。とにかく、ワクチンが今まで作られたのは、インフルワクチン、子宮頸部癌ワクチン、C型肝炎ワクチン、すべて異物反応があり、体にまず痛みの痛い痛い病となる。痒み発生のアレルギー反応もなる。だから、人間のやっていることは、少し詐欺の一環です。


アレルギー性反応は
1.吐き気、めまい
2.かゆみ
3.蕁麻疹
4.水疱出る
5.頭痛、筋肉痛、関節痛、肩こり


上記のアレルギー反応を絶対起こすのです。ただ、研究者、製薬会社の詐欺、お金、全世界を騙す行為です。ワクチンの薬成分濃度が、水に近く作られたら、絶対アレルギー反応は発生しないで、これを安全性というけれども、ワクチンが水に近いだから、アレルギー反応がない。でも効果もないと考えたほうがよい。

 

蔡篤俊 院長

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム