現代社会の癌治療の是と非

1.癌になる人は正しい知識を持っていない人が多いです。

癌になるのは、ほとんどがストレスのかけすぎ、無理をする人、
自分の能力範囲を超えて目的を達成するため、自分の体の内臓に重荷を
かけたのです。それは、癌になるきっかけです。

2.癌という文字からみると、三つの口で食べて、山のように食べたとき、

病気が発生したら大体は癌となるのです。
だから、少食は癌にかかる率が低いのです。

3.癌になったら、一番良い方法は、休養と鍼灸と針吸汚血除去療法です。

もちろん、食事を変えること、生活習慣を変えることが必要です。

4.癌になったら、手術療法はケースバイケースです。

抗がん剤は絶対にいりません。放射線療法もいりません。
それらは転移と腹水の元凶です。
もちろん癌になった人は大体各機能も悪くなっていますから、命を
終了させるのは自然の理です。
我々が考えるのは、命の時期ではないのに命を終わらせてしまうことを
言及するだけです。人間は寿命があります。しかし毎日の手当てで命を
延ばすのはコツです。
決して良い食事、良い薬で命が延びるのではないのです。
毎日の手当てと休養が一番大事なことです。
手当とマッサージ、食事注意、鍼灸、針吸汚血除去療法の順です。
決して忘れてはいけません。

5.現に癌の治療手術を受けて、それで癌が良くなる実例も一杯あります。

癌患者の99.99%が、癌の初期、0期1期2期ですぐに手術をしてしまいます。それで0期1期2期は必ずしも癌ではないと思います。
要するに現代医療では、癌が未発の時期に宣告し手術して取ってしまう傾向です。
テレビや新聞でいつも健診といい、何か少しでも引っかかるともう精密検査、そして手術をします。これは現代医療の癌治療の手口です。
少し重症の3期4期5期になると、もう3ヶ月で手術、放射線、抗癌剤をし、命を終了させるのが60%以上、1年2年で命を取られるのは、100%。現代医療は治療技術が進歩していないのです。発展しているのは、検診、検査、画像診断、患者を説得するだけです。
最終的には手術にまわすのです。絶対に治療ではないのです。
これは現代医療の盲点です。
このままいくと医療費が膨大に膨らみます。
医者の技術は検査、手術だけで化学薬品に頼り、全然医療の治療技術は進歩していないのです。これは国の不幸、患者の不幸だと思います。
是正するべきです!

 

▲TOPへ

→お問い合わせはこちらをクリック!

アトピー性皮膚炎は不治の病ではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【あらゆる皮膚病】

アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 脂漏性皮膚炎 にきび 
水虫 湿疹 蕁麻疹 老人性掻痒症 ケロイド 薬疹 かゆみ 爪軟化症 陰部かゆみ etc 

 

【あらゆる慢性病、成人病】
高血圧 糖尿病 多発性関節炎 痛風 高脂血症 脂肪肝 生理痛 更年期障害 気管支喘息 慢性気管支 自律神経失調症 そううつ病 胸いらいら 怒りっぽい こわばる めまい 肩こり こむら返し しびれ 腰痛 座骨神経痛 頭痛 偏頭痛 咳き込み 高熱 弛緩熱 微熱 胸痛 狭心症 肝炎 膵臓癌 肺癌 鳥インフルエンザ SARS AIDS 胆のう炎 視力低下 飛蚊症 蓄膿症 アレルギー性鼻炎 突発性難聴 赤ら顔 etc

あらゆる皮膚病、慢性病、成人病でお困りのかたは
蔡内科皮膚科クリニック
医学博士 蔡篤俊(さいとくしゅん)
にご連絡ください。

蔡篤俊への問合せフォーム